美祢市 楢崎頼三屋敷跡

飯盛山で自刃した白虎隊士中二番隊の生き残り飯沼定吉
燃える城下を鶴ヶ城の落城と勘違いして少年達は自刃し、
定吉も咽喉に脇差を突き立てたが死にきれすにいた。
それを会津藩士の妻が見つけ介抱して一命を取り留めます。
戦後は電信技士となって各地に赴任し、
電信電話の発展に貢献しました。

この飯沼定吉が会津戦争終結後に長州藩士に引き取られ、
憎き長州の敵地で養われていたというのです。

定吉を引き取ったのは長州藩士楢崎頼三
長州藩大組士林源八の二男として生まれ、
同じく大組士楢崎殿衛の養子となりました。
幕長戦争では芸州戦争に従軍し、
戊辰戦争でも甲州勝沼宇都宮白河会津と転戦。
維新後にフランスへ留学しますが、
結核に罹って明治8年に客死しています。
墓はモンパルナスにあるとのこと。

この楢崎頼三が会津戦争終結後に、
猪苗代で謹慎していた捕虜460余名を、
東京へ護送する役目を負ったのですが、
そこで定吉を見いだしたようです。
一般的に会津藩側が思っているほど長州藩は、
会津藩に恨みを持っていなかったのが僕の見解で、
実際にそういう事があってもおかしくはないでしょう。
会津藩家老山川大蔵の弟山川健次郎も、
長州藩士奥平謙輔の書生となっていますしね。

楢崎は奥平と同じく定吉を書生として養おうと、
長州の自領に連れ帰ります。
定吉は「サダさぁ」と呼ばれていたそうですが、
仲間と共に死ねなかった事などで、
何度も死のうとしていたらしい。
これを聞いた頼三は定吉を説得し、
思いとどまらせたようです。


美祢市東厚保町川東小杉(楢崎頼三屋敷跡の場所)


小杉集会所」の向かいに看板があります。
この小杉周辺が楢崎家の領地だったようですが、
楢崎家の家禄93石はどの程度なのかよくわかりません。
今も田園風景が広がるのどかなところです。
訪問時は残念ながら雨でした。


楢崎頼三屋敷跡」。
少し登ると見えてきます。
もともと庄屋高見家の屋敷だった場所で、
幕末の一時期に楢崎家の仮屋敷となります。
定吉がここへ来た時点では、高見家の所持で、
領主の頼三から託された定吉は、
悪い待遇ではなかったと思いますが、
周りは農家ばかりで武士ではないので、
武士にとって屈辱的な言葉を何気なく発し、
それが定吉を傷つけることもあったという。


恩愛の碑」。
去年建てられた石碑。
恩讐を越えた人間愛を後世に伝えるために建立されました。
実のところ、定吉は生前ここで養われていたことを語らず、
頼三もそれに関する事柄を書き残していません。
唯一、高見家の口伝で伝えられていたことですが、
状況から信憑性が高く、定説となっています。


正三位勲一等高見三郎之墓」。
第3次佐藤内閣改造内閣文部大臣となった高見三郎は、
庄屋であったこの高見家出身。
現在、楢崎頼三屋敷跡は高見家の墓所となっています。
彼はここにあった屋敷で生まれ、
定吉が滞在していた部屋で勉強していたらしい。


屋敷があったことを思わせる庭池の跡もありました。

定吉のここでの滞在期間ははっきりしていませんが、
明治3年には静岡に行っているので、
たぶん一年未満だったと思われます。
定吉はその後ここの事を一生口外していません。
山川健次郎は部屋に奥平の書を掲げ、
終生感謝しつづけたらしいのですが、
定吉の方はなんだか恩知らずのようにも見えます。
ですが仲間が全員自刃してたりと山川と立場が違うので、
その恩も公にできなかったのかもしれません。
※上記の全員自刃は間違い。下記コメントで指摘を受けました。

■関連記事■
美祢市 八幡磨能峰宮(広岡浪秀の顕彰碑)
  池田屋事件で闘死した広岡波秀の碑。
美祢市 四郎ヶ原宿
 松陰が宿泊した宿場町。
美祢市 来嶋又兵衛関連史跡
 遊撃軍総督来島又兵衛の墓所など。

2 thoughts on “美祢市 楢崎頼三屋敷跡

  1. 岩代

    白虎隊士中二番隊の勘違い切腹話は嘘ですよ。
    切腹した人数は6人です。
    飯沼貞吉が残した回顧録には勘違い切腹で
    20人が切腹したとは記されてません。
    飯沼達は隊長達17名とはぐれてしまい
    飯盛山まで逃げてこれからどうするか話し合い
    飯沼を含む6名が山中で切腹し5名死亡。
    残りの隊士は下山してます。
    城に戻る途中で戦死したり自害してますが
    6名は生きて城に辿り着いてます。

    返信
    1. kii 投稿作成者

      >岩代さん
      コメントありがとうございます。
      会津史については色々と間違いも多く、
      かなり盛られてて??と思う事が多くありますし、
      郷土史家や作家も偏見が強い方が多いようです。
      市中二番隊は戦死13名+切腹6名で19名死亡が、
      いつのまにか19名切腹となったんですね。
      その方が絵になりますし悲壮感もあります。
      会津史についてはまだまだ未熟。
      今後も宜しくご教授下さいませ。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。