愛媛県大洲市 大洲城

出張で八幡浜市に宿泊しておりまして、
隣の大洲市にある大洲城に行ってみました。
17時に仕事が終わったのですが、
カーナビの所要時間は30分ということで、
なんとか暗くならないうちに行けるだろうと、
車を飛ばします(勿論安全運転で・・)。

八幡浜から大洲に行くには、長い「夜昼トンネル」を通ります。
「夜昼」の名の由来は、トンネルが出来る前の街道夜昼峠から。
八幡浜―大洲間はその峠を越えなくてはいけない。
そのために古来から八幡浜と大洲は隣同志ですが交流が少なく、
使用する方言も文化も違っていたようです。

トンネルを抜けたら真っ暗だったら嫌だなと思いつつ、
大洲側に出るとまだ暗くなっていませんでした(笑)。

大洲市民会館」。
大洲市民会館前の駐車場に車を止めます。
有料駐車場で1時間150円なのですが、
駐車したときは半額だったようで75円でした。
駐車料金に5円玉を出したのは初めて(笑)。
この駐車場は内堀のあった場所で、
市民会館は二の丸の蔵が並んでいたあたりとのこと。


苧綿櫓」。
市民会館右側にある現存する櫓のひとつ。
「苧綿(おわた)櫓」という名称どおり、
綿を貯蔵していたようです。


櫓下御門(二の丸大手門)」。
市民会館左側にあります。


天守」と「高欄櫓」。
大洲城の天守は明治21年に取り壊されましたが、
平成16年に明治期の古写真や、天守雛形などの史料をもとに、
当時の工法を用いて、木造で忠実に復元されています。
「高欄櫓」は現存のもので、名称通り2階に高欄のある櫓。


天守」と「台所櫓」。
「台所櫓」も現存のもの。
内部に土間を配し煙出用の格子窓が開けられており、
名称通りに台所として使用されたのでしょう。

本丸の広場には、二柱の石碑があります。

光烈無窮(加藤公頌徳碑)」碑。
大洲藩主加藤家の徳をたたえたもの。
明治天皇の侍従長を務めた徳大寺実則の題額です。


日露戦役紀念」碑。
よくある日露戦争の碑なのですが、
よく見ると「希典書」となっていました。
乃木希典の書のようですね。


本丸からは肱川が望む。
大洲城を建設する際、川に面した高石垣の工事が難航した為、
人柱を立てる事となり「おひじ」という女性が人柱となります。
その後、工事は無事完了。
「おひじ」に感謝をこめて川の名を肱川と改めたという。
大洲城の別名「比志城」も「おひじ」に由来するそうです。

なにやら薄く文字の刻まれた小さな石碑を見つけました。
なになに「戊辰奥州之役・・武成隊」!
おおお!幕末関連みっけ!

武成隊」碑。
武成隊は甲府城警衛を命じられた大洲藩が、
二個小隊を編成した際に名付けた隊名。
甲府城警衛を終えると、海路奥州平潟へ出征し、
奥羽討伐軍に合流して戦果を挙げました。

幕末の大洲藩は、早くから藩論を勤皇に定め、
大政奉還後は、いち早く家老大橋播磨が藩兵を率いて上洛。
鳥羽伏見の戦いでは、戦況が不利になった際の天皇動座計画で、
乗輿守護の密命を受けていました。
松山征討にも出兵し、松山藩の恭順後は、
松山城下の萱町口警備についています。
上記したように甲府城警衛を命じられた際には武成隊を組織し、
甲府城警備、並びに奥州征討で功を挙げました。
戦後の論功行賞では、大洲藩は賞典金2千両を賜っています。

坂本龍馬の「いろは丸」船主のイメージが先行する大洲藩。
早くから勤王の気風が強く、戊辰戦争でも活躍した藩でした。

【大洲藩】
藩庁:大洲城
藩主家:光泰流加藤宗家
分類:6万石、外様大名

■関連記事■
愛媛県大洲市 寿永寺と曹渓禅院
 国嶋六左衛門の墓所と藩主加藤家の菩提寺。
愛媛県大洲市 新谷陣屋跡
 大洲藩の支藩新谷藩の陣屋跡。
広島県福山市 鞆の浦①///
 いろは丸は、紀州藩の軍艦明光丸と衝突して沈没しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。