愛媛県大洲市 新谷陣屋跡

新谷藩は、大洲藩の支藩。
大洲藩2代藩主加藤泰興の弟加藤直泰が、
泰興より1万石を分知されて成立した藩です。

初代加藤貞泰世嗣を定めないまま死去したため、
幕命により長男の泰興がその後継とされましたが、
直泰はこれを不服として対立。
幕府の仲裁により1万石が分知されて新谷藩が立藩しました。
その為、藩内分地ながら幕府より大名と認められています。


大洲市新谷町周辺(新谷陣屋の場所)


新谷陣屋跡は現在「大洲市立新谷小学校」の敷地。
個性的な校舎が印象的です。


新谷陣屋跡」碑と「メーテル像」。
新谷小学校の正門の脇には「新谷陣屋跡」の碑と、
銀河鉄道999」のメーテルの銅像があります。
作者の松本零二が大洲市街から疎開しており、
新谷小学校に通っている縁から建てられました。
新谷の田園風景を走る蒸気機関車から、
銀河鉄道999の構想にヒントを得たとされ、
校舎にも作者が描いた銀河鉄道999の壁画があるそうです。

ちなみにメーテルのモデルは、楠本イネの娘楠本高子であり、
幕末に関係が全く無い訳でもないですね(コジツケ)。


麟鳳閣」。
新谷小学校の校舎裏にある新谷陣屋の現存遺構。
慶応4年3月に建てられたもので、
評定所謁見所として使用されたようです。
廃藩置県後は、新谷県庁舎令教小学校校舎として利用。

小学校内ということで、不審者と思われないように注意して、
写真を撮ってそそくさと退散致しました。


金蔵」。
小学校から南に進み、
角に駐車場のあるT字路を右に曲がってすぐ。
民家に新谷陣屋の金蔵が移築現存しています。

新谷藩は、肱川の氾濫や火災などの災害が相次ぎ、
年貢収入が思うように入らず、財政は困窮していました。
倹約令などを度々出していますが、それでも改善される事なく、
宗家の大洲藩を頼らざるをえなくなっています。

幕末には対外情報の緊迫に伴い、さらに出費が増えますが、
御用銀などでこれを賄いなんとかしのぎました。
文久3年には「郷組」という農民鉄砲隊を組織し、
小藩の微弱な軍備を補填。
宗家の大洲藩同様、早くから藩論を勤皇に定め、
朝廷からの長州藩及び七卿の取扱についての諮問には、
寛大な処置をとることを答申しています。
松山藩征討でも大洲藩同様に出兵し、70余名が出兵しました。

【新谷藩】
藩庁:新谷陣屋
藩主家:直泰流加藤家
分類:1万石、外様大名(大洲藩支藩)

■関連記事■
愛媛県大洲市 大洲城
 大洲藩加藤家の居城。
愛媛県宇和島市吉田町 伊予吉田陣屋跡
 宇和島藩の支藩。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。