小早川家の復興

毛利元就両川と呼ばれた吉川元春小早川隆景
嫡男の毛利隆元を補佐して中国制覇に大きく貢献し、
一般的に「三本の矢の教え」で知られるように、
隆元そしてその子毛利輝元を盛り立てました。

吉川元春は戦上手として知られ、その戦跡は76戦64勝。
元就も「戦では元春には勝てん」と称賛するほど。
次代は次男吉川広家が継ぎ、関ヶ原の戦いで東軍勝利に貢献。
その為に毛利宗家から疎んじられらはしましたが、
幕末には幕府と長州藩との橋渡しをした他、
幕長戦争では長州藩と共に戦い、
両川の末裔としての体裁を果しています。

しかしながらもう一方の小早川家は、
悲惨な運命が待っていました。

小早川隆景は、勇猛な兄元春とは違い知略に優れた人物で、
父元就の素質を最も受け継いだ知将として知られます。
豊臣秀吉の軍師として知られる黒田勘兵衛もその知略を称え、
隆景が死去した知らせを聞くと、
これで日本に賢人はいなくなった」と嘆じたという。
豊臣秀吉も隆景を大きく評価しており、
毛利家からの引き離しを謀って独立大名とし、
最終的には豊臣政権の五大老のひとりに据えています。

跡を継いだ小早川秀秋は、関ヶ原の戦いで東軍に寝返り、
その功績として岡山55万石を与えられましたが、
自らの裏切り行為を悔いたためか酒で体を壊して早逝。
小早川家は無嫡断絶となってしまいます。

また秀秋以前に隆景の養嫡子となっていた弟の小早川秀包は、
秀吉の甥である秀秋が小早川家の養子となった為、
別家を設けて筑後7万5千石を領し、
久留米城を築城して居城とし、
文禄・慶長の役の戦功で13万石まで加増されましたが、
関ヶ原の戦いで西軍として戦った為に改易。
秀包は改めて毛利家の家臣に戻り、
秀秋の裏切りで汚名となった小早川姓を捨てて、
後に嫡男毛利元鎮吉敷毛利家の始祖となりました。

このように安芸小早川家は断絶してしまい、
吉川家が幕末に宗家に貢献したのに比べ、
小早川家は何一つ貢献できていないようです。

時は過ぎて明治に至り、この小早川家の名跡を再興しようと、
元長州藩主毛利元徳の三男である三郎を当主として再興。
しかし三郎は継嗣なく早世した為、
四郎が当主となり男爵小早川家が創設されました。
子孫は日産マツダなどの技術者となっており、
現在に至っているようです。

幕末に宗家に貢献できなかったとされる小早川家ですが、
とはいえ諸流の吉敷毛利家は家老家として持続し、
門閥の中でも正義派として活躍。
小早川隆景の系譜が全く幕末に貢献してないかといえば、
決してそうではなかったようです。

■関連記事■
岩国市 岩国城跡
 もうひとつの両川、岩国吉川家の居城。
山口市吉敷 玄済寺(吉敷毛利家墓所)
 小早川姓を捨てて毛利家に戻した小早川秀包の系譜。
福岡県久留米市 久留米城跡
 小早川秀包の居城であった久留米城。後に有馬家が入っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。