吉田松陰の東北遊学⑩

つづき。
/////////⑩

嘉永5年3月21日
仙台で世話になった諸氏に挨拶した後に出立。
広瀬川を渡り、名取川を越えて中田宿で宿泊。

3月22日。
宿を出て増田大内岩沼槻木舟迫に至る。
刈田宮(刈田嶺神社)に向かう道で、
弥八(江幡五郎)と合流。白石宿で宿泊。
※白河で別れた江幡は、松陰らを仙台で探しますが、
 留守であったので出発したと思い、

 福島方面に向かいましたが、
 諦めて仙台に戻っている最中に遭遇したという。

3月23日。
山中を歩いて二里。
五蔵(江幡五郎)が戸澤まで見送り、
一緒に宿泊して明日別れることにする。
浄瑠璃を宿に呼んで、忠臣蔵12回語らせて涙する。
※忠臣蔵を12回語らせたとすれば異常ですが、
 忠臣蔵は全11段の話で、

 12回は松陰の勘違いと思われますので、
 その11段目を語らせたのではないでしょうか?

3月24日。
宿に再び浄瑠璃を呼んで、忠臣蔵8回語らせた後、
江幡五郎と別れ、戸澤を出発。
渡瀬関町を越えて滑津に宿泊。
※またも忠臣蔵。しかも朝からです。
 これも8回語らせたのではなく、

 8段目ということでしょう。

3月25日。
宿を出て湯原新宿高畠を経て、米沢城下に宿泊。
翌日、米沢藩士高橋玄益を尋ねますが、
藩主が江戸へ明日出立するので慌しく会えず。
※米沢市中央7丁目には「吉田松陰旅宿の地」碑が、
 建てられています(記事はこちら)。


3月21日~3月25日の行程。

3月27日。
辰時(午前8時頃)、藩主が出立。
宿を出て舟坂綱木桧原を過ぎて、
大潮宿に宿泊。

3月28日。
宿を出て熊倉塩川を過ぎて、会津城下に至る。
志賀與三兵衛宅を訪問し、
井深蔵人黒河内伝五郎高津平蔵
一関藩士佐世岱太郎に会う。
七日町の宿に宿泊。
※会津はこの旅2度目の訪問。
 1度目に会った人々との再会です。

3月29日。
七日町を出て、高津平蔵に別れの挨拶をした後、
湯川橋を渡り、黒川本郷に至る。
大内宿を過ぎて、田島宿に宿泊。


3月27日~3月29日の行程。

3月30日。
宿を出て糸沢三王嶺(山王峠)を越え、高原宿に宿泊。

4月1日。
絹川(鬼怒川)を下りて藤原高穂を過ぎ、鉢石町に宿泊。
※日光東照宮に参拝し、その豪華さを絶賛しています。

4月2日。
朝早く出て今市に至る。
足利学校を目指して、板橋合戦場を経て、栃木宿で宿泊。

4月3日。
宿を出て、富田に至り、足利へ。
足利学校(記事はこちら)を見学した後、足利宿に宿泊。


3月30日~4月3日の行程。

4月4日。
宿を出て猿田に至る。渡覚川(渡良瀬川)を渡り、
梁田木戸高根を経て、館林城下に至る。
館林藩士三科文次郎に訪問しようとしたが、
三科宅は城内にあり、大手門より中は入れない。
仕方なく城下を出て、羽附岩田を越えて板倉へ。
小川を舟で越えて高島天神の傍を通り、
刀根川(利根川)を舟で下る。
関宿で舟を乗り換え江戸橋へ。舟中泊。
※松陰は過書手形を持っていないので、
 館林城内の三科宅へは入れなかったようです。
 当時の館林藩主
秋元志朝は、
 徳山藩8代藩主毛利広鎮の八男。
 長州藩とは親戚の間柄でしたので、
 過書手形を持ってさえいれば、
 ある程度の歓迎はしてもらえたでしょうね。



4月4日の行程。

4月5日。
巳時(午前10時頃)、江戸橋に到着。
宮部鼎蔵と別れ、鳥山新三郎宅へ。
4月10日に藩邸に戻る。

これにて松陰の東北遊学は終了。
この旅は東北の全県に関わっている為か、
詳しい全工程を記載した本が中々無い。
仕方なく「東北遊日記」の漢文を自分なりに解読し、
行程をメインに松陰と宮部の旅路を辿っています。
そんなわけで誤読もあろうかとは思いますが、
そこはご了承下さい。
出来れば指摘も頂ければ助かります。

/////////⑩

■関連記事■
吉田松陰2度目の江戸遊学①/////
 嘉永6年の江戸への行程。
吉田松陰の九州遊学①////////
 嘉永3年の九州遊学の行程。
吉田松陰の北浦巡視①/////
 嘉永2年の北浦巡視の行程。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。