吉田松陰の東北遊学⑦

つづき。
//////⑦///

閏2月20日。
宿を出て大隅(大須戸)に至る。
大雪で道がわからないので、
人を雇って葡萄峠を越え大沢へ。
中村田中を経て海浜に出る。
碁石を過ぎで大川宿に宿泊。

閏2月21日。
宿を出て海沿いを歩き、
小さな村を二つ越えて鼠ヶ関に至る。
浜熱海(温海)を過ぎ、
三瀬に至り海岸を離れて進み、
大山宿で宿泊。
※鼠ヶ関は白河関勿来関と共に、
 奥羽三関と呼ばれた奥羽への玄関。

閏2月22日。
宿を出て少し進むと高楼の城跡らしきものがあり、
現地の人に聞くと、酒井備中守の居城だったとの事。
しばらくいくと海浜に出て最上川に至る。
中間に浜中宿あり、舟で川を渡る。
川を越えれば酒田
新潟以北では最も繁盛の地なり吹浦で宿泊。
※高楼の城跡は、江戸前記にあった大山藩の陣屋。
 庄内藩の支藩でしたが、わずか1代で無嫡断絶。
 酒田には日本一の地主「
新潟屋本間家もあります。

閏2月23日。

宿を出て関所を抜けて女鹿を越えるとまた関所。
関所から飛島を望むと、かなり近くに感じた。
海浜の平砂を行き塩越に至る。
象潟木浦(金浦)を経て本荘城下に宿泊。

閏2月24日。
宿を出て海岸線を進む。
雄物川を渡り夕刻、久保田城下に到着。
翌日敦賀屋新六を訪問し、翌々日に久保田を出発。

※道中に見るべきモノは沢山あったと思われますが、
 わき目も見ずに北上している様子。
 特にのちの
戊辰戦争で活躍した庄内藩などは、
 兵学者として何か学べる事があったハズですが・・


閏2月20日~閏2月24日の行程。

閏2月26日。
久保田を出発し、土崎湊へ。
馬で7里、徒歩で4里進んで鹿渡に宿泊。

閏2月27日。
馬で出発。森岡豊岡大久保に至る。
飛根(富根)より米代川を渡り、
小綱木(小繋)に宿泊。
※松陰らは同宿となった青森帰りの加賀の船頭から、
 「津軽海峡を通った西洋船が、今年は3~4隻いた」

 と聞いています。

閏2月28日。
宿を出て坊沢綴子を経て大館城下へ。
山内儀兵衛宅に宿泊(記事はこちら)。

閏2月29日。
山内宅を出て、矢立峠碇ヶ関を越えて、弘前城下へ。
弘前藩儒伊東梅軒を訪ねる。
以後、3月2日まで弘前に滞在。
※大館城下を出て相馬大作が待ち伏せたとされる場所で、
 地元民にその際の事を尋ねており(記事はこちら)、
 矢立峠の御休所茶亭跡には説明板が建てられています。
 伊東梅軒旧宅は「松陰室」として現存(記事はこちら)。

 また、山鹿素水の弟荒谷貞次郎にも面会しました。


閏2月26日~閏2月29日の行程。

つづく。

//////⑦///

■関連記事■
吉田松陰2度目の江戸遊学①/////
 嘉永6年の江戸への行程。
吉田松陰の九州遊学①////////
 嘉永3年の九州遊学の行程。
吉田松陰の北浦巡視①/////
 嘉永2年の北浦巡視の行程。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。