吉田松陰の東北遊学⑥

つづき。
/////⑥////

嘉永5年閏2月2日。
雨。朝、蔵田太中の息子が来て、
一緒に金銀銅分離工程を見学。
その後、相川を出発して八幡に至り、
順徳天皇行在所に参拝する。
金丸目黒を通り加茂郡に入り、
新穂潟上原黒の諸村を経てに宿泊。
※湊(両津湊)は両津湾加茂湖を隔てる砂州の港。
 加茂湖は日本の離島で最大の湖。

閏2月3日。
大風、霰、雹。夷間の橋で湖を望めるが、
海霧で何も見えない。来た道を戻って目黒へ。
そこから新町を通って小木に戻り宿泊。
以後、9日まで天候不良の為に足止め。


閏2月2日~閏2月10日の行程。

閏2月10日。
辰前(午前8時前)に小木を出港。
午後(正午頃)に、出雲崎に到着。
寺泊まで歩いて宿泊。

閏2月11日。
寺泊を出て新潟へ。
日野三九郎宅に宿泊。
以降、中川立菴宅と日野宅を交互に宿泊し、
7日間新潟に滞在。
※この長期滞在は北前船での北上を諦めきれず、
 松前行きの船を捜していた為。

 結局は諦めて陸行を決意します。

閏2月18日。
中川父子、日野、氏家晋味形関右衛門に送られて、
五材橋に至る。五材橋から舟に乗り、水路を抜け松崎へ。
海岸を歩き、次第浜を経て藤塚宿に宿泊。

閏2月19日。
藤塚を出て海沿いを歩き桃崎へ。
舟で荒川を渡り、対岸の塩谷町から岩船に至る。
岩船から村上城下瀬波川(三面川)を舟で渡り、
猿沢を過ぎて塩町(塩野町)で宿泊。
新発田藩三日市藩黒川藩村上藩と、
 城下町をほぼスルー。
 新潟での遅れを取り戻そうとしたのか、
 よほど急いでいるように感じられます。



閏2月10日~閏2月19日の行程。

つづく。

/////⑥////

■関連記事■
吉田松陰2度目の江戸遊学①/////
 嘉永6年の江戸への行程。
吉田松陰の九州遊学①////////
 嘉永3年の九州遊学の行程。
吉田松陰の北浦巡視①/////
 嘉永2年の北浦巡視の行程。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。