吉田松陰の東北遊学②

つづき。
/②////////

嘉永4年12月15日。
村童に学而の首章を講義した後、
朝五ツ時(午前8時頃)に本福寺を出る。
※学而とは論語の第一篇で、
 村の子供達に論語のさわりを説明したのでしょう。
 本福寺には「
吉田松陰脱藩の道」碑と
 吉田松陰 当山に宿す」碑があり、
 また
天狗党の乱の際に、尊攘派(激派・鎮派)に、
 殺された諸生党
佐藤久太郎の墓もあります。
街道に戻り、北上。

小金宿を過ぎると広い草原が広がっており、
これが小金牧の幕府の軍馬放牧場で、野馬が9匹見えた。
※小金牧は馬の放牧の他、将軍の鹿狩も行われており、
 13代将軍
徳川家慶の御鹿狩の際には、
 一橋慶喜も同行しています。
まっすぐ行けば安彦土浦を経て水戸に出るが、
追手を避けて水海道を行く事にして、左折して小路に入り、
花井村を経て船戸から利根川を渡り、北上して水海道で宿泊。


12月15日の行程。

12月16日。
宿を出て少し歩いて右折し、田の間の小路を通って、
四手の渡しから小貝川を渡る。
※四手は仕出のようですが、現在は地名が変わっており、
 現在の
吉野公園のあたり。
豊田宿より右折して松の間の小路を進み、
大砂田中等の村から北条宿へ。
北条宿を過ぎて筑波山に登り、半腹の筑波宿に泊まる。
※豊田は小貝川の西側で、既に小貝川を渡っているので、
 
豊里の間違いではないでしょうか?

12月17日。
筑波山の女体男体の二峰に登る。
山嶺を越えて真壁宿に下り、笠間城下に泊まる。
夜に時習館教授森田哲之進が訪ねて来た。

12月18日。
笠間藩の藩校時習館で孟子を講義。
※松陰は時習館に招かれ、学頭の加茂多十郎、
 須藤文太夫、森田哲之進、守岡善八郎ら25名の前で、
 講義しています。
夜、兵法家手塚多助が来訪。

12月19日。
笠間から親関大足大塚赤塚を通り、
水戸城下へは夕刻前に到着。水戸藩士永井政助を尋ねる。


12月16日~19日の行程。

つづく。

/②////////

■関連記事■
吉田松陰2度目の江戸遊学①/////
 嘉永6年の江戸への行程。
吉田松陰の九州遊学①////////
 嘉永3年の九州遊学の行程。
吉田松陰の北浦巡視①/////
 嘉永2年の北浦巡視の行程。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。