吉田松陰の東北遊学⑨

つづき。
////////⑨/

3月8日。
野辺地を出発し、海を離れて内陸部へ。
途中、マタギに遭遇して話す。
七戸を経て五戸で宿泊。
藤田武吉を訪ね周辺の事情を聞く。
※藤田武吉は誰だかはわかりませんが、
 五戸の役人だと思われます。

3月9日。
宿を出て浅水を経て三戸へ。三戸の古城を見学。
金田市(金田一)、末の松山を経て一戸に宿泊。

3月10日。
一戸から沼宮内を経て川口村に宿泊。

3月11日。
宿を出て渋谷(渋民)を経て盛岡城下
村井京助を訪ね、石丁(穀町)に宿泊。
※村井京助は盛岡で呉服商を営む豪商。

3月12日。
坂本春汀を訪ね、
山陰村の江帾春庵の母妻、遺児に会う。
春庵が埋葬された長町の香殿寺に参拝。
春庵の墓は咎人扱いでがされており、
板塀に漢詩短歌を書きつける。
未後(午後3時頃)に盛岡を出発。
舟橋を渡って津志田に至る。
妓楼が数十件建っている。
郡山宿に宿泊。
※坂本春汀は江帾春庵の門下。
 香殿寺という寺院がよくわからない。

 南部藩史「内史略」には、
 春庵の埋葬地は
天福院となっており、
 現在は廃寺となっています。


3月8日~3月12日の行程。

3月13日。
郡山宿を出て、石取(石鳥谷)を過ぎ、
花牧(花巻)、②黒沢尻に至るが、
和賀川が雪解けで増水しているため、
舟が出せず宿泊。

3月14日。
舟で和賀川を渡り対岸の鬼柳村へ。
水沢前沢を経て中尊寺を参拝。
(記事はこちら
岩井橋を渡って④一関で宿泊。

3月15日。
一関を出て、右折して松島道に入る。
鹿沼和久津石森を過ぎて⑤登米に宿泊。

3月16日。
宿を出て、柳津鹿又を経て⑤石巻に至る。
仙台藩士粟野杢右衛門宅を訪問し宿泊。
※粟野杢右衛門は江帾五郎の義兄。
 粟野宅跡には吉田松陰の宿所跡の説明板が、

 建てられています(記事はこちら)。

3月17日。
石巻を出て矢本に至り、
小野から舟で成瀬川を渡る。
富山を越えて松島から舟で⑥塩竈に到着。

3月18日。
塩竈の別当鈴木隼人を訪問。
法蓮寺鹽竈神社に参拝。
⑦仙台に到着して国分町で宿泊。
以後、21日まで仙台に滞在。
藩校養賢堂瑞鳳寺愛宕社等を訪問。
※法蓮寺は後に、廃仏毀釈によって廃寺。


3月13日~3月18日の行程。

つづく。

////////⑨/

■関連記事■
吉田松陰2度目の江戸遊学①/////
 嘉永6年の江戸への行程。
吉田松陰の九州遊学①////////
 嘉永3年の九州遊学の行程。
吉田松陰の北浦巡視①/////
 嘉永2年の北浦巡視の行程。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。