二本松藩」タグアーカイブ

福井県福井市 丹羽長秀墓所

福井市に丹羽長秀の墓があります。
長秀は織田信長宿老であり、
柴田勝家に次ぐ二番家老となっていました。

信長が倒れた後は羽柴秀吉に味方し、
越前国123万石の大大名となりますが、
積虫に苦しんだ末に切腹しています。


「… 続きを読む

福島県白河市 白河小峰城

白河小峰城南北朝時代結城親朝が築城した城で、
結城家の改易後は上杉家蒲生家の支城となり、
その後に丹羽長重が10万石で白河に入封して以降、
白川藩の藩庁として7家21代の居城となりました。

白河は奥羽への入口として要衝の地であった為、
奥羽… 続きを読む

「二本松少年隊物語 霞の天地」東雲さくら×まきお

二本松からの帰り、
二本松駅で電車を待つ間、
駅の観光案内所にこの本があったので、
暇つぶしにと買ってみました。


「二本松少年隊物語 霞の天地

何気なく買った漫画でしたが、
色々な幕末関連の漫画を読んた中で、
これが僕の中のベストとなりました。
二本松戦争のエピソードを良く理解し、
非常に丁寧に描かれており、
二本松少年隊を理解する上では、
この漫画だけで十分事足りると思う。
もちろん漫画としても優れており、
ストーリー構成も抜群で読み終えた後には、… 続きを読む

福島県二本松市 大隣寺/二本松藩丹羽家墓所

大隣寺は二本松藩主丹羽家の菩提寺。
織田四天王と謳われた丹羽長秀の死後、
家督を継いだ嫡子丹羽長重が、
所領の白河に大隣寺を建立。
三代藩主丹羽光重が二本松に転封されると、
この大隣寺も二本松に移転しました。
大隣寺の寺号は長秀の法名
「総光寺殿大隣宗徳大居士」に由来。… 続きを読む

福島県二本松市 霞ヶ城跡

二本松城(霞ヶ城)へ行ってきました。
霞ヶ城二本松藩の藩庁で、
戊辰戦争の激戦地として知られ、
二本松少年隊の悲劇の現場でもあります。

戊辰戦争は会津戦争が知名度が高く、
次は長岡戦争といったところですが、
この二本松で起こった戦いも、
もっと知られるべきではないでしょうか?
会津戦争の前哨戦続きを読む