小笠原家」タグアーカイブ

佐賀県唐津市 近松寺/唐津藩小笠原家墓所

近松寺鎌倉時代の創建とされ、
戦国時代波多守親が再興していましたが、
兵火で伽羅を焼かれた後に、
唐津に入封した寺沢広高が再び再興し、
寺沢家の菩提寺となりました。

しかし次代寺沢堅高島原の乱の責で自害。
寺沢家は断絶した為に寺運が衰退します。… 続きを読む

兵庫県姫路市 法性寺/安志藩小笠原家墓所

安志藩小笠原家の領内菩提寺は法性寺
小笠原長興安志藩に入った際に建立され、
小笠原家の庇護を受けて隆盛しました。
廃藩後は規模を縮小しています。


法性寺本堂」。
本尊は木造薬師如来座像
堂内に藩主一族の位牌が安置されており、
老朽化の為にSRC製となっています。

歴代藩主のうち領内で死去したのは、
2代… 続きを読む

兵庫県姫路市 安志陣屋跡

小笠原宗家の小笠原秀政と長男小笠原忠脩は、
大坂夏の陣天王寺の戦いで壮絶に戦死。
忠脩の遺児小笠原長次が幼少であった為、
家督は秀政の次男小笠原忠真が相続します。
長次は忠真の許で養育された後、
別家に興されて龍野藩6万石に封ぜられ、
後に… 続きを読む

福岡県田川郡 碧巌寺/小笠原忠幹仮埋葬地

小笠原忠幹小倉戦争直前で病死。
有事ということでその死は伏せられ、
忠幹の遺骸は密かに城内に埋められました。
後に熊本藩らの撤兵で孤立した小倉藩は、
小倉城を自焼させて城下から田川まで撤退。
香春を仮藩庁としました。

未だ長州藩と交戦状態にある小倉藩は、
落城した小倉城より忠幹の遺骸を掘り返し、
安全な場所への埋葬を計画。… 続きを読む

福岡県北九州市 開善寺/千束藩小笠原家墓所

開善寺小笠原貞宗信濃に中興した寺で、
鎌倉時代後期に四条頼基が創建したもの。
後に府中小笠原宗家小倉藩に入封すると、
信濃の開善寺と同名の寺を創建。
以後は重臣達の菩提寺として城下で栄え、
小倉戦争では小笠原長行続きを読む