来島又兵衛」タグアーカイブ

京都府京都市 京都霊山護國神社②

つづき。
/②//

梅田雲浜の碑よりさらに上へ。
長州藩勤皇志士らの墓域に入ります。

長州勤王烈士墓域」。
禁門の変等で殉難した長州藩士らの墓碑。

長州勤王烈士墓域より石段を挟んだ先に、
小さな社殿があります。

山口藩招魂社(右)」と「霊山招魂社」。… 続きを読む

光市 光峨嵋山護国神社(遊撃隊の招魂社)

出張で山口県光市に行きました。
仕事が終わり夕方にホテルに行く途中、
室積にある光峨眉山護国神社に寄ってみます。

赤丸の位置が光峨眉山護国神社。

象鼻ケ岬という文字通り象の鼻のような岬。
光中学校を越えると駐車場があり、
そこからは歩いて行かなければなりません。


遊歩道には八十八体の石仏が等間隔に置かれています。


遊歩道の途中に分かれ道があり、橋を渡ると鳥居があり、
その先は登り道になっています。


階段を登りきると「遊撃軍続きを読む

美祢市 来嶋又兵衛関連史跡

美祢市の南端の厚保町は、栗の産地として有名で、
栗の木に適した土壌を持ち、江戸時代後期より栽培されていました。
大きくて甘いその栗は、厚保栗として現在も盛んに作られています。

その厚保に来島又兵衛関連の史跡があります。
来島又兵衛は、厚狭郡の無給通士喜多村政倫の次男として誕生。
山陽小野田市の厳島神社に誕生地碑があります(記事はこちら)。… 続きを読む

山陽小野田市 来島又兵衛誕生之地など

シルバーウィーク。どこにも行かずってのはもったいない。
けれどどこか遠出するお金も体力も無い・・・・。

こんなときこそ近くの史跡に行くべきと、
下関のお隣、山陽小野田市に行って見ました。

山陽小野田市は、長州藩一門家老厚狭毛利氏の治めていた地で、
禁門の変で討死した来島又兵衛の生まれた場所でもあります。

来島又兵衛の生まれた場所は、厳島神社にあります。

道路脇に「来島又兵衛誕生之地」と書かれた看板がありました。
厳島神社は小さな神社で、正式には「市岐島神社(いちきしまじんじゃ)」。


小さな社殿。… 続きを読む

来島又兵衛

後世のイメージですが、来島又兵衛といえば長州の豪傑って感じ。
戦国武将のような豪快でワイルドな容姿を想像します。


肖像もこんなですし・・・。

そういうイメージですので、猪突猛進猪武者なのかと思いきや、
文武両道のお方だったようです。

たしかに体格は大きく、大石神影流剣術大島流槍術、… 続きを読む