東行庵」タグアーカイブ

高杉晋作顕彰碑物語⑧(井上馨の演説5)

井上の演説はもう少し続きます。
///////⑧/

この和議の時、最も困難なる問題は償金一件であったが、高杉君は、長州が攘夷をしたのは、決して一己の意見でしたことではない、朝廷幕府の命を遵泰した結果であるから、償金を御要求になるならば、幕府に向かって御要求になった方が至当であろうということをしきりに主張したので、この償金一條は止戦條約にもよほど曖昧に記してある。けれども長州政府では、償金を要求されては到底応ずることが出来ないというので、その後、家老井原主計に杉と伊藤を副し、修交使節として横浜に派遣して、四ヶ国公使の意向を探ってみると、四ヶ国の公使は、その償金の事はすでに幕府に要求して、幕府から支払うこととなったからご安心なされと言うたので、井原等も大いに安心して帰りましたが、これは偏に高杉君の功であろうと私は考える。

外国の方はかように始末がつきましたが、幕府の征長軍に対する方針については、藩論が二派に分かれた。その一派は、幕軍が押寄せたならば、防長二国が一致してこれと抗戦し、不幸にして敗戦に終わったならば、君臣共に城を枕にして討死する。また幸にして勝利を得たならば、幕府を倒して尊王の大義を天下に明らかにするという論である。

また他の一派は実際京都に於いて禁門に向かって発砲したことであるから、その罪はどこまでも謝罪しなければ条理が立たぬ、かつ防長二ヶ国の労れた兵をもって天下の兵と交戦したならば、決して勝算はない。故にどこまでも恭順謝罪で押し通して、京師変動の首領等は厳刑に処し、たとえ領地は十萬石に削られても、また君公の御身上に対して難題を申しかけられてもいたしかたない。この際は君を軽しとし社稷を重しとする方針で、どこまでも謝罪をして、毛利家の社稷を存しなければならぬという論であった。続きを読む

高杉晋作顕彰碑物語⑦(井上馨の演説4)

まだまだまだ井上の演説は続きます。
//////⑦//

かように下関は遂に開戦となったものであるから、前田も帰り、私もその跡を追うて山口へ帰りまして、両君公に拝謁して、馬関は必ず敗れます、馬関が敗れたならば、外国艦隊は小郡に来て、陸戦隊を上陸せしめ、そうして山口に侵入するに違いない。ついては私に一大隊の兵を貸して下さい。そうすれば小郡を死所と定めて、二日間は必ず止めますから、その間にお覚悟なさるようにと言うたので、遂に私に第四大隊を管轄するようにという命令が下った。その時、高杉君も罪を許されて山口に出て、軍務掛とかいうことを命ぜられておったのである。そうして伊藤も山口におったので、三人が小郡を死所と定めて、斃れてやむという精神で外兵を喰い止めようということを誓い、共に小郡に出張することとなった。

私が小郡に出張する時に、小郡代官という事を命ぜられましたけれども、死ぬる場合に代官も何も要るものではないといって、断ろうとしたところが、高杉君が、イヤ断わらぬがよい、君が代官となっておれば、戦をするのに兵隊を繰出したり何かするのに極めて都合がよいからと言うものですから、私も代官の命を受けて小郡に出張致しました。

私が小郡に出張すると、続いて世子公も馬関の軍勢を自ら指揮なさるということで、政務員等を従えて御出張になった。その時私どもは勘場即ち小郡の代官所におって、防戦の部署を定めておりましたところが、その翌朝政務員が代官所へ会合して、しきりに和議の説を仄めかす者があったから、私は大いに憤慨して、未だ戦わざる前には戦論を主張し、戦が始まるとまた和議論を主張するというような無節操な事では、国家が維持されるものではない。諸君はたとえ防長二州は焦土となるとも、どこまでも攘夷を遂行するという明言したではないか、その決心ならば、どこまでも奮戦して斃れて後やむがよい、そうしたならばたとい国が滅びても、後世に至って、長州は頑固ながらもよくその初心を貫いたといって、わずかに面目を保つことが出来ようが、朝には戦論を主張し、夕には和議論を主張するような飄然たる国是では、一国を維持することの出来るものではないという主張で激論に及んだ。続きを読む

高杉晋作顕彰碑物語⑥(井上馨の演説3)

井上の演説は、まだまだ続きます。
/////⑥///

それから英仏米蘭の四ヶ国の艦隊が、下関へ来襲することの報知が山口に達したものであるから、急に私は山口に呼び返された。

山口に帰ると即日御前会議が開かれて、私と杉徳輔とに、外国艦隊が来るから馬関へ出て和議の談判をしてくれということであったけれども、私はたとい君命たりとも、このことはお請けすることが出来ないといって拒んだ。

何故ならば、私は帰朝以来攘夷の行うへからざることを懇々と説いて、是非開国の方針をとらなければならぬという事をしきりに主張したけれども、攘夷派どこまでもやり通さねばならぬ、たとい防長二州は焦土となるとも、やり通すという決議であった。しかるに今四ヶ国の艦隊が来るというと、にわかに前言をひるがえすような無定見、無節操の政府では何事も出来るものではないという主意を主張したからである。続きを読む

高杉晋作顕彰碑物語⑤(井上馨の演説2)

井上の演説は続きます。
////⑤////

私共一行は故伊藤公の他、野村弥吉、山尾庸三、遠藤謹助の五人であって、非常な辛苦をなめて、英国ロンドンに着し、同地に滞在している中に、薩州は生麦事件よりして、英国艦隊の襲来に会うて、鹿児島湾で戦をしたという報知が英国の新聞に見え、かつわが長州においても、下関でみだりに外国船を砲撃するという事も新聞に現れ、それからその砲撃を受けたる各国は是非艦隊を派遣して、長州の罪を問わなければならぬという論説もしばしば現れていた。

そこで伊藤と相談して、長州が各国艦隊を引き受けた暁には、到底勝利を得ることは出来ないのみならず、敗戦の結果莫大の償金を取らるるか、或いは土地を割かるるか、この二つの結果は免れることができない。実に我が郷国の大事であるから、速やかに帰国して攘夷の方針を転じさせて、開国尊皇の方針を取らせようという志を決した。

そこで他の三人を残して、伊藤と二人で帰ってきて、先ず横浜で英国公使に面会して帰朝の趣旨を説き、それから国公使の周旋で他の三ヶ国公使の同意を得て、二隻の軍艦で姫島へ送られたのであるが、姫島から富海へ渡って、三田尻を経て山口へ帰着したのが、元治元年の六月二十四日であった。続きを読む