毛利敬親」タグアーカイブ

高杉晋作の命日

4月14日は高杉晋作の命日
僕は今年も出張です。

4月14日は旧暦で実際に晋作が亡くなったのは、
西暦1867年7月17日です。

この一年後の1868年5月17日には、
新撰組局長の近藤勇が斬首されています。

それから3年後の1871年5月17日には、
晋作の主君毛利敬親が亡くなっています。

意外な共通点ですね。

■関連記事■… 続きを読む

「毛利敬親」役 金田龍之介と北大路欣也

花神」を見て・・・。
毛利敬親はバカ殿と賢君の狭間に存在する人。

賢君とは何か?
文字通り賢い殿様と言う事なのでしょうが、
幕末で言えば島津斉彬徳川斉昭
松平春嶽などが浮かびます。
彼らは自らどんどん行政改革を実行し、
自ら行動するタイプで、
とってもわかりやすいお殿様ですね。

とはいえ組織のトップ続きを読む

山口県山口市 亀山公園~敬親と井上と周布

山口市に行く用事がありましたので、
今回は亀山公園に行ってみました。

亀山公園は文字どうり、
亀山という山の山頂にある公園です。


ここには「そうせい候毛利敬親像があります。
馬上で見下ろすその姿は、
家臣に終始寛大な姿勢を貫いた、
親のような威厳が感じさせられます。
僕は「偉大なるそうせい候」と呼んでいますが、
そういう雰囲気がよく表現されてる銅像です。


中腹には有名な… 続きを読む

山口県山口市 枕流亭&毛利藩主の墓

3連休の最終日。
父が弟の子供を博物館に連れて行くというので、
便乗して一緒に山口市へ。


博物館に行く前に瑠璃光寺を観光。

瑠璃光寺本堂や五重塔などは、
幕末とはあんまり関係ないのでさらりと見学。
(有名な五重塔ですが・・・)
僕のお目当ては毛利家墓所です。

ここには長州藩第13代藩主毛利敬親
第14代藩主毛利元徳
元徳の長男毛利元昭続きを読む

毛利敬親

毛利敬親
言わずと知れた幕末の長州藩13代藩主で、「そうせい候」と呼ばれた人物で、以外と(?)評価の低い人です。
しかし、僕はかなり評価してます。
・・というか、この人なしでは維新は不可能だったのではないでしょうか。

幕末の藩主で評価の高い人物といえば、
水戸の徳川斉昭
薩摩の島津斉彬
福井の松平春嶽
宇和島の伊達宗城
・・といった感じです。

その他、評価の分かれる人物として、
土佐の山内容堂
薩摩の島津久光(藩主ではないが・・)もいます。

・・で、この毛利敬親さん。
家臣の意見をすべて「そうせい!」と言ってなんでもさせたとアホ呼ばわりする人や、信長の野望の「委任」をスタートからずっとしてきたようだとか、散々なこと言われています。
しかし、僕はこの人ものすごい大きな器の人だったんじゃないかと思うのです。
家臣の意見をすべて「そうせい!」と言ってなんでもさせたと言われてますが、そんなことはない。
もしそうなら、長州藩は汚職や堕落のはびこる最悪の藩になっていたことでしょう。… 続きを読む