藩主家墓所」タグアーカイブ

香川県丸亀市 玄要寺(京極家墓所)


玄要寺丸亀藩京極家の菩提寺で、
京極家の領地移転に伴って同じく移転し、
初代藩主京極高和龍野から丸亀に転封されると、
同じく龍野より移転して現在地に建立されました。

ただ、京極宗家の墓所は滋賀の徳源院のままで、
歴代藩主の墓は所領が変わっても徳源院に建てられ、
玄要寺にあるのは幕末期の藩主京極高朗の墓のみ。
また支藩の多度津藩京極家続きを読む

愛媛県今治市 今治藩久松松平家墓所

今治藩久松松平家松平定房の系譜で、
松平定勝の五男であった定房は、
伊勢国長島に7000石を領していましたが、
兄で定勝流宗家の松平定行伊予松山藩に転封された際、
同時に今治藩3万石に加増転封となり、
以降、廃藩置県まで今治を治めました。

定房は隠居後は今治で過ごしていましたが、
延宝4年(1676)に死去し、… 続きを読む

愛媛県松山市 大林寺(久松松平家墓所)

徳川家康の異母弟松平定勝名11万石を与えられ、
定勝系久松松平家の祖となりましたが、
寛永元年に死去して次男の松平定行が跡を継ぎました。
2代将軍徳川秀忠は定勝の菩提を弔う為に、
定行に菩提寺の造営を命じ、
桑名領内に崇源院が建てられています。
※現在の桑名市の照源寺続きを読む

大分県大分市 浄安寺(府内藩大給松平家墓所)

府内藩藩主家の親清流大給松平家は、
大給松平家祖松平乗元の次男松平親清の系譜で、
親清の子松平近正徳川家康の関東移封の際、
5500石を与えられて独立した家でした。
近正は伏見城の戦い鳥居元忠らと共に討死しますが、… 続きを読む

茨城県結城市 孝顕寺(結城藩主水野勝知墓所)

孝顕寺結城家15代結城政朝によって創建された寺で、
はじめ永正寺を称していましたが、
結城家を継いだ徳川家康の次男結城秀康によって、
現在地に移転されて孝顕寺と改称されています。
結城秀康が越前に転封となった際も、… 続きを読む