藩主家墓所」タグアーカイブ

福岡県豊前市 千束藩小笠原家墓所

小笠原真方は寛文7年(1667)に、
小倉藩2代小笠原忠雄の家督相続の際、
1万石を内分分知されて諸侯に列しました。
新田藩であった為に特定の領地を持たず、
藩主は江戸定府していたようですが、
初期の藩主は小倉へ戻っていたようです。
※3代までの墓所は小倉の続きを読む

福岡県糟屋郡 梅岳寺/立花道雪墓所

柳河藩初代立花宗茂の義父立花道雪
大友家の雷神とも称される人物で、
戦では生涯無敗を誇った他、
義に篤く部下への配慮を欠かさず、
民を慈しむ希代の名将であったという。

その道雪は柳川城攻めの際に陣中で発病。
天正13年(1585)に死去しています。
遺言で甲冑を着せて… 続きを読む

福岡県大宰府市 高橋紹運墓所

天正12年(1584)。
龍造寺隆信を破った島津義久は、
九州全土の制覇に乗り出します。
北部の小勢力は次々と軍門に下り、
残る勢力は大友家のみ。
義久は筑前国への侵攻を開始して、
島津忠長伊集院忠棟に命じ、
2~5万の軍勢が筑前に向かいました。

大友勢の勝尾城続きを読む

岡山県倉敷市 源福寺/岡田藩伊東家墓所

源福寺岡田藩伊東家の菩提寺。
その創建は延徳2年(1490)とされ、
江戸時代に周辺が伊東家の領地となると、
領内菩提寺として庇護されています。


本堂」。
平成30年西日本豪雨災害浸水し、
柱の骨組みを残して建て替えられています。


位牌堂」。
歴代藩主の… 続きを読む