滋賀県」カテゴリーアーカイブ

滋賀県長浜市 朝日山陣屋跡

上から読んでも山本山。下から読んでも山本山・・
子供の頃に観た東京・日本橋 山本山のCMのフレーズで、
何故だか未だに覚えていたりします。

この山本山とは全く関係ないのですが、
琵琶湖北東湖畔に山本山という標高325mの山があり、
その尾根は琵琶湖と余呉湖を隔てる賤ケ岳へと続きます。

平安時代末期には、… 続きを読む

滋賀県長浜市 金沢藩士多賀賢三郎墓所

加賀藩は100万石の大藩として、
諸大名のトップに君臨しましたが、
幕末維新の政局において目立った活躍は無く、
維新の大波に乗り遅れた感があります。

しかしこれは何もしていなかったという訳ではなく、
加賀藩においても尊皇攘夷派はおりましたし、
藩主世子である前田慶寧も尊攘派であったようで、
長州藩と近い関係にあって、八月十八日の政変以降、
長州藩の心情を代弁する建白続きを読む

滋賀県長浜市 宮川陣屋跡

琵琶湖東側湖畔の宮川に陣屋を構えた宮川藩は、
譜代大名堀田宗家の治める藩です。

堀田家の藩として、佐倉藩11万石がありますが、
この佐倉藩堀田家の方が庶流で、
宮川藩堀田家1万3千石が堀田宗家でした。

元々堀田宗家の初代堀田正盛は、
佐倉藩12万石を領していましたが、
次代の堀田正信続きを読む

滋賀県近江市 山上陣屋跡

山上近江国伊賀国を結ぶ要所で、
江戸時代中期まで譜代の安藤家の領地でした。

元禄8年に安藤家が備中松山藩に転封となった後、
大身旗本稲垣重定が加増されて大名となり、
所領が常陸から近江に移り、
山上に藩庁を置いて山上藩が立藩。
重定は奉行制度を確立させて藩政の基礎を作ります。… 続きを読む

滋賀県蒲生郡 西大路(仁正寺)陣屋跡

蒲生氏郷の生まれた日野城は、
戦国末期には長束正家が城主となっていましたが、
関ヶ原の戦いで正家は西軍として戦い、
捕縛されて処刑された後、廃城となっています。

その後、三条藩市橋長勝が嗣子なく死去し、
市橋長政が2万石に減封されることで存続が許され、
近江国蒲生郡に移封となり、
廃城となっていた日野城跡に陣屋を設置して、… 続きを読む