幕末維新関連の大河ドラマ」カテゴリーアーカイブ

青天を衝け9

第9回「栄一と桜田門外の変
お千代と祝言を挙げた栄一が鼻の下を伸ばしていると、
尾高長七郎が帰ってきて江戸の状況を伝える。
長七郎の熱い話に感化されて、
栄一も喜作尊王攘夷に傾倒していく。

江戸では徳川斉昭が国許で永蟄居となり、
一橋慶喜続きを読む

青天を衝け8

第8回「栄一の祝言
栄一お千代に告白。
山頂の景色に感動した事など、
相手にはよくわからない話をしますが、
それでもなんとなく良い雰囲気になります。
そこへ喜作が登場。
お千代を取り合って試合をすることに。
気迫の試合の最中、
喜作に惚れているおよしは喜作を応援しますが、
これにつられてお千代は栄一を応援してしまう。

試合はかろうじて喜作が勝利しますが、… 続きを読む

青天を衝け7

第7回「青天の栄一
尾高長七郎が武者修行のため江戸へ。
尾高惇忠送別の詩を送ります。
喜作お千代を欲しいと惇忠に告げると、
栄一はこれにケチをつけて喧嘩となる。

江戸に行った長七郎より惇忠に文が届き、
江戸の様子が語られますが、
栄一や喜作宛にも文があり、
お千代の事が記され栄一は動揺します。

惇忠と共に藍売りに出かけた栄一は、
道中でタイトルの由来となる… 続きを読む

青天を衝け6

第6回「栄一、胸騒ぎ
千代にお慕い申し上げていると言われる栄一
意識しだして胸がぐるぐるするようです。
道場破り真田範之助が現れ、
喜作や栄一は倒されてしまいますが、
天狗の異名を持つ長七郎が真田を倒す。
その後、真田と酒席で意気投合しますが、
酒を取りに行って千代の手に触れる事となり、
意識しすぎて走り出してしまう。… 続きを読む

青天を衝け5

第5回「栄一、揺れる
岡部藩代官御用金を上納した後、
尾高惇忠からアヘン戦争の事を聞き、
夷狄の脅威が迫っていると知る栄一。
道場の仲間もこの危機を危惧して剣術に励む。

渋沢家では姉のなかの縁談を叔父と叔母が反対。
縁談相手は栄えているが… 続きを読む