下関市安岡 乗蓮寺(続)~報国隊士の墓

乗蓮寺にある長府報国隊士のお墓を紹介しましたが、
(記事はこちら
もう一つ報国隊士の墓があったようです。

中井源次郎忠一という当時18歳の報国隊士の墓。
乗蓮寺の供養観音像のすぐ横です。


中井源次郎」の墓。
慶応2年6月17日豊前田ノ浦にて戦死。享年18歳。
小倉戦争の初戦である田ノ浦上陸戦で、
小倉藩兵に狙撃されたと思われます。
この日は「此日味方陸兵討死僅ニ四人」となっており、
討死4人のうちの一人だったのでしょう。

墓の形状は、位牌型で戒名が記されていますが、
神式の奥津城のように上部が尖っていますね。

■関連記事■
下関市富任町 鳥山重信の墓所
 報国隊軍監鳥山重信の墓。
下関市福江 長府報国隊士迫田為太郎の墓
 報国隊の砲隊司令迫田為太郎の墓。
下関市長府 功山寺~安岡の独眼竜下村文次郎の墓所
 吾妻隊及び報国隊六番小隊司令下村紋次郎の墓。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。