下関市阿弥陀寺町 本陣伊藤邸跡

今更ながら本陣伊藤家の記事。

伊藤家は鎌倉時代よりの名家の家柄で、
室町時代江戸時代には町の大年寄を務め、
町代官も務める指導者的な立場であったという。
参勤交代下関を通過する諸大名の本陣も務め、
※伊藤家は東本陣で、西本陣佐甲家
江戸参府で下関に立ち寄る出島カピタンも、
下関の本陣に必ず宿泊しており、
その為か伊藤家当主は代々蘭癖だったとされ、
舶来物も多く所蔵していたとされます。

室町時代には下関の交通や流通を掌握し、
対馬宗家を介した朝鮮貿易も行っており、
その縁から対馬府中藩と親密であったという。
他の諸大名の用達も行っていた為、
その財力も相当なものであったようです。


本陣伊藤邸跡」。
現在の伊藤邸跡は駐車場となっており、
写真のような一角に跡碑や説明板が設置され、
伊藤邸があった事を示していますが、
このような何かがあった訳ではありません。
手洗鉢は仰々しい説明となっていますが、
要は明治天皇西国行幸した際に、
伊藤邸に宿泊した際に使用したもので、
はじめから伊藤家の手洗鉢だったもの。
西郷隆盛供奉は西郷が一緒だったよという事。


伊藤邸の井戸跡」。
伊藤邸の唯一遺構。
屋敷裏の庭にあった井戸のようです。

で、この伊藤邸は遺構が無い為、
どのように建っていたか想像する他ありません。
一応説明板に伊藤邸の間取りが載っているので、
航空写真に照らしてみました。

たぶんこんな感じか・・・?
井戸の位置がちょっと違いますが、
裏手の石垣に合わせるとこうなります。
正確ではないでしょうから、
だいたいこんな感じという捉え方で。
赤い部屋が坂本龍馬が住んだ自然堂の位置。
勿論これが合っていればの話。

吉田松陰は3度下関を訪れていますが、
何れも伊藤邸を訪問しています。
西国遊学の際に松陰は風邪を拗らせ、
当主伊藤杢之助(静斎)に出立を止められて、
医者を呼んでもらっています。
高杉晋作も伊藤邸に訪れており、
杢之助と酒を飲んで語り合っています。
この杢之助は若い頃に賊を数十人斬り、
その後に伊藤家の養子となった人物という。
次代の伊藤助太夫(九三)は、
坂本龍馬の支援者として知られて、
龍馬も伊藤邸を最晩年の活動拠点としており、
妻のお龍と伊藤邸の一室で生活し、
その部屋を自然堂と名付けています。

■関連記事■
下関市南部町 本陣佐甲家跡
 西の本陣佐甲家の跡地。
下関市上新地町 萩藩新地会所跡
 挙兵した晋作が襲った新地会所の跡。
下関市南部町 紅屋跡
 意外に知られていない紅屋跡。