宮城彦助 教法寺事件の犠牲者

宮城彦助は長州藩大組士。
和歌を得意とする文人として知られていました。
文久3年、中山忠光が長州に赴いたため、
宮城はこの公卿の随従を命じられます。
公卿に接するには文人としての才が必要だと藩が考えたからです。

しかしこの中山忠光。ただの公卿ではありませんでした。
狂信的な攘夷論者で、雅な公卿などではなかったのです。
気に入らないからと失踪するわ。
真木和泉を救出するために久留米に行っちゃうわ。
公武合体派の暗殺指令を出すわ。
絶食するわ、太刀を振り回すわ、大変な公卿様だったのです。

宮城が忠光随従時に、公武合体論者を暗殺した記録も残されていますが、
忠光が指示したとみて間違いないでしょう。
攘夷戦後、天誅組の大将になるべく上京した際に、
宮城は忠光の随従役を解かれています。やれやれですね・・・・。

仏国軍艦が報復攻撃を仕掛けて前田砲台を破壊した際に、
宮城は前田砲台を守っていました。
仏国軍艦の攻撃で前田砲台が壊滅したために、援軍の要請を本営に依頼。
それを受けて先鋒隊が救援に向かいますが、
御裳川あたりで仏国軍艦に砲撃され、驚いた先鋒隊は慌てて退却。
宮城は退却する先鋒隊を見て「卑怯者!」と叫びます。
この件を先鋒隊は根に持っていました。

その直後、高杉晋作奇兵隊を設立。宮城も早速入隊しています。
藩正規軍の先鋒隊の再編成も晋作に命じられ、
300名いた先鋒隊は精鋭100人を残して萩に帰されました。
先鋒隊は壇ノ浦砲台を、奇兵隊は前田砲台を持ち場として訓練に励みましたが、
この2隊の間に軋轢が生じてくるわけです。
先鋒隊は「農民風情に何ができる」と罵り、
奇兵隊は「腰抜け武士」とあざ笑う。
特に大組士にかかわらず奇兵隊に入隊していた宮城を先鋒隊は憎悪します。

そんな中、世子毛利定広(元徳)が、両隊の訓練を視察。
奇兵隊の稽古を視察した後、先鋒隊の稽古を視察する段取りが組まれますが、
日が暮れた為に、奇兵隊のみの視察だけとなり、先鋒隊の視察は延期。
次期藩主にいいところを見せるはずだった先鋒隊は、
延期になってしまったのは、宮城の策略によるものだと推測します。
もちろんそんな事は憶測で、全く証拠があるわけではないのですが、
邪推は尾ひれが付いて、先鋒隊士の多くがそう信じ込みました。

視察延期が決まった先鋒隊には、慰労の酒が振舞われ、
その酔いも手伝ってか先鋒隊士らは宮城を襲おうと計画。
しかし宮城も大組士ですので、先鋒隊の中にも知り合いがおり、
宮城にその事が伝えられました。

これを聞いた宮城は、晋作に相談して善処を依頼します。
晋作は宿舎で赤禰武人と碁を打っていましたが、
これを聞いて宮城と共に教法寺の先鋒隊宿舎に向かう。
赤禰は阿弥陀寺の奇兵隊宿舎に知らせに向かう。
(晋作は両方の責任者でしたが、赤禰は奇兵隊の幹部だったので、
完全に奇兵隊側の人間として受けて立つ気だったようですね)

教法寺にある先鋒隊宿舎に来た晋作は、
先鋒隊士らを説得しようとしますが、全く聞く耳を持ちません。
それどころか銃を打ってきたので、これは危ないと退散。
そこへ知らせを聞いた奇兵隊が剣・槍を持って押し寄せます。
先鋒隊士らはその様子を見て素早く退散しますが、
その日たまたま高熱で寝込んでいた蔵田幾之進が取り残され、
奇兵隊士に惨殺されてしまいました。

奇兵隊が引き上げた後、先鋒隊が戻ってみると、蔵田の惨死体を発見。
その報復として、竹崎から帰宿途中の奇兵隊士奈良屋源兵衛を拉致し、
長時間冷水に浸けるなどの虐待行為をした後に外に放り出す。
源兵衛はその日のうちに高熱を発して死亡してしまいます。

この事態を重く見た藩政府は、当事者である宮城に切腹を命じる。

切腹は先鋒隊の宿舎である教法寺にて行われました。
事件の元を正せば先鋒隊の邪推が原因であり、
責任を負っての切腹であれば、奇兵隊宿舎で行えは良いものを、
相手方の宿舎で先鋒隊に見守られながらの切腹とは、
あまりにも残酷な処置だったような気がしますね。

介錯はその後二代目奇兵隊総督となる河上弥市
晋作もその最期を見届けました。

文人としての才で藩に認められた彦助でしたが、
全く別の血なまぐさい事件の当事者となり、
悲劇的な最期を迎えることとなりました。

その後、晋作は事件の待罪書を藩に提出。
遺書なども準備している事から、切腹を覚悟していたと思われます。
奇兵隊は秋穂に転陣させられ、先鋒隊から離されました。
惨殺された蔵田幾之進の遺児千弥は、敵討の嘆願書を提出しますが、
受理されず十両の香花料と訓戒状が与えられる。
その後も敵討を願い出ますが受理されませんでした。
宮城の遺児正太郎は、旧禄の2/3を給されて家督を継いでいます。

その後、奇兵隊と先鋒隊との遺恨は、
元治の内乱にて決着する事となるのでした。

■関連記事■
中山忠光①/////
 宮城彦助が随従を命じられたのは、ハチャメチャ公卿でした。
下関市前田 前田台場跡
 奇兵隊が担当した砲台台場の跡。
下関市新地町 妙蓮寺(中島名左衛門の墓)
 長州砲台の不備を指摘して殺された砲術の専門家。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。