「坂本龍馬を斬った男 幕臣今井信郎の証言」今井幸彦

坂本龍馬を斬った男
この本は龍馬を斬ったとされる今井信郎のお孫さんが著者です。

龍馬暗殺は謎とされてますが、まあ京都見廻組で間違いはないでしょうね。
新鮮組説とか、薩摩陰謀説とか、挙げ句の果てに、坂本龍馬と中岡慎太郎の相討ち説まであります。

この本は、坂本龍馬を斬った男は今井信郎としています。
現在、定説になっている谷干城が講演で語った内容を否定し、今井家に伝えられてきた家伝や自説で、事件を推理します。
その説は、誠に説得力があり、辻褄もしっかり合っております。

歴史家ではないようなので、少々の間違いは確かにありますが、

(三吉慎蔵が長州藩士とか・・)
単純に祖父の名誉を回復するために、状況証拠を淡々と並べております。

この龍馬暗殺事件そのものについては、この本の説が一番有力であろうと思います。ただ、黒幕は誰か?という説に関しては、やはりグレーですし、著者の説が正しいとは言い難いでしょう。

龍馬暗殺事件と書きましたが、
見廻組は当時まだ公的機関である。
指名手配犯である坂本龍馬を、上からの命令で斬った。
見廻組としては、公務を執行したに過ぎない。暗殺とは違う

たしかにその通りです。

■関連記事■
京都府京都市 京都霊山護國神社③
 坂本龍馬の墓所。
いろいろな陰謀説について①
 近江屋事件の陰謀説についての否定。
「竜馬、明治をゆく」里村喬
 坂本龍馬が暗殺されなかったらという小説。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。