大河ドラマ「花神」

横浜に4日間出張に行ってました。
普通なら史跡などを廻りたいところですが、
今回は展示会の説明員として行ってたもので、
足がパンパンで行く気にならず、
終わってからはホテルにずっと居ました。

で、何をしたかと言いますと、
ずっと大河の「花神」をネットで見てました。
最近はPC持って行くと何でも見れますね。

「花神」は1977年の大河ドラマ
タイトルは「花神」ですが、
世に棲む日日』、『十一番目の志士』、
』などの要素を盛り込んだ、
司馬遼太郎作品の盛り合わせといった大河です。

主人公は長州藩の大村益次郎ですが、
前半は吉田松陰、中盤は高杉晋作が主役で、
実在しない人斬りの天童晋助が、
別ルートで駆け回ってるといった感じ。

昔の作品だから当たり前ですが、
ものすごい出演陣です。
大御所オンパレードですね。
男性陣ももちろんですが、女性陣がすごい。
大村の妻琴役の加賀まりこVS
楠本イネ役の浅丘ルリ子
晋作の妻雅役の岡江久美子VS
妾おうの役の秋吉久美子
天堂晋助の恋人役は大竹しのぶが演じています。
みんな若いですね。

晋作役の中村雅俊がとってもかっこいい。
外見は丸顔で全く高杉晋作ではありません。
しかし奔放で無茶ぶりの演技は晋作そのもの。
五卿を前に一人で酒盛りするシーンは印象的。

ちなみに「花燃ゆ」の語りである池田秀一は、
寺島忠三郎役として出演しております。

この「花神」という大河ドラマ。
はっきり言って名作です。
何がどうとは言えませんがとにかく見て下さい。
脚本は大野靖子さんという女性。
来年の「花燃ゆ」も女性が脚本ですね。
見比べるのも面白いかなと思います。

■関連記事■
「獅子の時代」
 会津藩士と薩摩藩士の2人が主人公。
大河ドラマ「新撰組!」
 三谷幸喜脚本の大河ドラマ。
山口市鋳銭司 大村益次郎の墓
 大村神社には花神の碑があります。
「毛利敬親」役 金田龍之介と北大路欣也
 「そうせい」の台詞の重さ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。