大河ドラマ「新撰組!」

真田丸」が好調のようです。
幕末モノに比べると、やはり戦国モノの方が視聴率が良い。
しかも主人公は人気のある真田信繁(幸村)。
この題材で視聴率取れないなら、なにやっても無理でしょう。
とはいえ、実際にドラマとして「真田丸」が面白いのは、
優れた脚本によるもの。
視聴率で作品の良し悪しを決めたくもないのですが、
実際面白いので、三谷幸喜という脚本家が、
優秀であると認めさるを得ません。

彼が喜劇出身ということで、シリアスなものを作る事に関して、
毛嫌いしたり舐めた考えを持ってしまうものですが、
考えたら喜劇ってのは、シリアスなものを作るより難しい。
何故なら「笑い」ってストーリー、背景、タイミングなど、
すべてがそろって初めて笑いが取れるわけで、
ストーリーを羅列するだけのつまんない脚本家が多い中、
視聴者がどう感じるかをよく理解して作ってると思います。
芸人の作る映画が意外とおもしろかったりするのも、
そういう関係かもしれませんね(そんなに観てないケド・・)。

で、ちょっとヒマがあったので、
三谷幸喜の大河の前作「新撰組!」を何話が観てみた。

で、感想としては、やっぱドラマとして面白いと思う・・・。
新撰組の数あるエピソードをしっかりとアレンジを加えて、
1話1話丁寧に作りこんでいます。

例を挙げると第38回 「ある隊士の切腹」では、
勘定方河合耆三郎の切腹のエピソードがメインですが、
諸説ある切腹の理由を後の武田観柳斎の粛清や、
伊東甲子太郎派との対立に絡め、
ドラマチックに演出しています。
河合が武田に金を貸していたとか、
武田が買った本を実は土方も欲しがっていたとか、
土方だけかと思いきや、伊東派の加納鷲雄も狙っていたとか、
本を返そうと思った武田が、
本屋に加納が本を狙っていると知って返すのを辞めたとか、
複雑に絡めて脚本されています。
登場人物それぞれの思惑もよく表現されていて、
一隊士の切腹を、これでもかと言う位に練っています。

ギリギリまで何度も飛脚の到着を訪ねる河合。
あと5つ数えるまで待ってほしいと願うなど、
なんとも切ない切腹シーンとなっています。
その後、鈴を鳴らしながら飛脚が現れてフェイドアウト。
最後まで河合の死の余韻を、
視聴者に持たせるように考えられていました。

比較としてですが、八重の桜第33回「尚之助との再開」では、
(「花燃ゆ」は問題外なので、「八重の桜」を例にします)
八重と夫の尚之助の永遠の別れが描かれるのですが、
二人がどう考えて別れという決断を決めたのか、
視聴者に伝わらないのはもちろんですが、
とりあえず綾瀬はるか長谷川博己の迫真の演技で、
その別れの切なさが多少なりと伝わってきているのに、
その別れのすぐ後に後の夫である新島襄のシーンを挿入。
今生の別れのシーンの余韻なんてあったもんじゃない・・。

話数の関係だなって視聴者も感じてしらけますし、
ある程度の視聴者は新島襄と再婚する事を知ってるわけで、
別に八重が悪いわけでなはいのに、
なんだか八重が節操が無いように感じられます。
視聴者が観てどう感じるかなんて、
全く考えていないのは明らかです。

とにかく「新撰組!」は1話1話の中に、
しっかりとドラマを作っていますし、
前後の複線もきっちり入れて、
全体的な作品としての流れも損なわない。
史実と違うと叩かれた「新撰組!」ですが、
なかなかどうしてドラマとしては秀作と言えるでしょう。

■関連記事■
河ドラマ「獅子の時代」
 初の原作無し作品。
大河ドラマ「花神」
 司馬遼太郎原作の大河ドラマ。
壬生義士伝 新選組でいちばん強かった男
 サブタイトルがちょっとね・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。