ペリー艦隊」タグアーカイブ

三重県津市 津城跡

戦国時代以前の「」は安濃津と呼ばれ、
伊勢国の経済の中心地であったようです。
鎌倉時代以降は長野家が支配していましたが、
織田信長の伊勢侵攻によって織田家領となり、
安濃津城には織田信包が入りました。

信長が本能寺の変続きを読む

岡山県津山市 箕作阮甫像

津山駅前には、箕作阮甫の銅像が建てられています。
実は機関車トーマスが好きな我が息子の為、
津山まなびの鉄道館」に行こうとしていたのですが、
※扇形機関車庫がある。
訪問した月曜日は定休日。
仕方なく津山駅前にある蒸気機関車を見せようと、
津山駅に行ったわけです。


箕作阮甫像」。
箕作阮甫は津山藩医の家に生まれますが、… 続きを読む

らしゃめん伝吉②

/②

出奔した伝吉の足取りは不明です。

1854年7月(嘉永7年6月)。
伝吉が突如香港に現れ、停泊中のミシシッピ号に現、
合衆国を訪問したいと願い出ました。
伝吉は米国人からは「ダンケチ」に聞こえたようで、
乗船を許すと水夫達は親しみを込めて、
伝助をダンケッチ(Dan-Ketch)と呼びました。

ミシシッピ号でアメリカに渡った後の足取りも謎ですが、
何故か安政6年に英国軍艦「サンプソン号続きを読む

らしゃめん伝吉①

①/

嘉永3年10月。
摂津の廻船「栄力丸」は荷物を江戸に届け、
帰路に浦賀で大豆、小麦、胡桃、鰯粕等を買い入れ、
志摩の大王崎まで進みます。
夜半より雨風が激しくなり、船は西の方角に流されました。
船員達は帆柱を捨て、髪を切って神仏に祈るしかありません。

船は嵐が去った後に東南方向に進みます。
帆柱の無い船は漂流するより仕方ありませんでしたが、
幸いにも積み込んだ積荷のおかげで食料はありました。
栄力丸は約50日もの間漂流を続けます。

漂流を続けていると、異国船らしき船が見えたので、
船員達は必死に叫んで助けをもとめました。
やがて異国船からボートが降ろされ、
漂流から53日目に船員17人全員が救助されました。… 続きを読む

ペリーに相撲を披露する

嘉永7年。ペリーの2度目の来航の際、
ペリーや艦隊水兵らに相撲を披露することになります。

力自慢の力士達30人が艦隊への進物米200俵を運び、
米俵を軽々と持ち上げる力士達に、水兵らは唖然としたとか。
中には8俵を持ち上げた力士もいたとか(ホントか?)。

力士達を動員したのは、ペリーへの牽制の意味もあったとか。
日本にはこれだけ怪力の持ち主がいるんだぞ的な・・。

その後、土俵入りや稽古相撲を行います。
迫力ある相撲のぶつかりには驚いたでしょうが、
ペリーはあまり気に入らなかったようで、
芝居がかっている」「バカげている」と日記に記しています。


フランシス・L・ホークス編『… 続きを読む