功山寺」タグアーカイブ

下関市長府 功山寺(長府藩家老三吉家墓所)

長府藩家老三吉家は主席家老細川家に次ぐ次席で、
吉見庭田など1500石を領していました。
※長府藩家老家は他に、三澤家、伊扶家、桂家、
毛利家、田代家、西家。

三吉氏は元々備後の国人で、尼子家大内家に従属しましたが、
大内家が滅ぶと… 続きを読む

下関市長府 功山寺(泉十郎(野々村勘九郎)墓所)

長府藩の尊攘派の首領格といえば泉十郎
長府藩士荻野十郎左衛門の次男として生まれ、
十一歳で同藩士野々村合左衛門次晋の養子となります。
※野々村家は130石馬廻格。

家督相続の後、文久3年には藩奉行職を務めながら、
青年藩士らを集めて精兵隊を組織。
※福原和勝や三吉慎蔵も参加。
元治元年11月17日に五卿続きを読む

下関市長府 秋の功山寺

功山寺が一番良い。紅葉がとても美しいから。

新しくなった下関市立歴史博物館で、
龍馬がみた下関」という特別展が開催中。
1日限定無料観覧されていたので、
久しぶりに長府へ行ってみました。


「… 続きを読む

桂弥一の墓はどこ??

功山寺にある長門尊攘堂万骨塔を建立して、
幕末志士達の顕彰事業を行った桂弥一

特に万骨塔は志士ゆかりの地の石を貰いうけ、
一箇所に集めた壮大なものです。


萬骨塔」。
長州系の志士だけではなく、
土佐、薩摩、水戸などの名も見られます。

そんな桂弥一ですが自身の墓所は?
色々と探してみましたが、
どこにあるのかわからない。

ネットには… 続きを読む

下関市長府 功山寺(福田扇馬墓所)

長府藩の藩校であった敬業館は、
15歳以上の藩士子弟しか学ぶ事は出来ず、
この状況に嘆いた福田扇馬は私塾を開設し、
身分年齢を問わず生徒を受け入れました。

この福田扇馬の墓が功山寺にあります。

福田正則之墓」。
福田扇馬正則は藩医の子として生まれ、
幼少より才智に優れて敬業館に学びますが、
足の病で自力で起き上がれない体となり、
自宅に「桜柳亭」という私塾を開いて、
子弟の育英に勤めました。
福田は敬業館で学んでいる頃より、… 続きを読む