土方歳三」タグアーカイブ

北海道松前郡 法華寺

松前護國神社を訪問後、
松前観光協会の方と法華寺へ。
法華寺は松前城攻防戦で、
土方歳三旧幕府軍が陣を張り、
墓地の墓石を退かせて砲台を設置し、
松前城へ砲撃した場所。
また、旧幕府軍の墓などもあります。


「… 続きを読む

東京都日野市 石田寺(土方歳三墓所)

石田寺は土方歳三の墓所。
日野に来てここは外せませんね。

土方歳三については説明するまでもないですが、
新選組鬼の副長であった人物。
彼や新選組については、研究者やファンが多く、
僕ごときが云々語るのはおこがましいですが、
彼の一貫した合理主義には感銘を覚えます。

新撰組という浪士組織を運営するにあたっては、
局中法度等の厳しい隊規が理想的であり、
これ以上の運営方針はありえないと思いますし、
そうでなければ成り立たなかったともいえます。
奥羽列藩同盟続きを読む

東京都日野市 大昌寺(佐藤彦五郎墓所)

佐藤彦五郎日野宿の名主下佐藤家の当主で、
土方歳三の実姉の夫でもあります。
天然理心流試衛館近藤周助の門人となり、
自宅の一角に出稽古用の道場を設けました。
そこに近藤勇らが出稽古に訪れたようですが、
たぶん本道場(記事はこちら続きを読む

日テレ年末時代劇スペシャル「五稜郭」

当ブログでは、再三日テレ 年末時代劇スペシャルを、
他の幕末ドラマ等と比較していますが、
これは僕が小中学生時代にリアルタイムで観たもので、
幕末史に興味を持つきっかけとなったドラマだったから。

そういう背景もありますので、
僕の中で美化されているフシもあるかもと、
もう一度観直して見て、
年末時代劇スペシャルを振り返ってみたいと思います。
実際には全9作中で、前半の6作品しか観ていませんが、
※これは当時僕が色気付いてきて、
 時代劇に興味が無くなったため。

7作以降は幕末からはずれていますので、
観る必要もないかなと・・。… 続きを読む

「燃えよ剣」司馬遼太郎

今更ながら「燃えよ剣」を初めて読んだ。

長期出張なので何か本を読もうと思い、
ブックオフ100円コーナーで購入。
司馬の新選組関連小説は「新選組血風録」しか読んでいません。
あれは短編なので、気軽に読めますので・・・。

さて、「燃えよ剣」は土方歳三を主人公にした小説。
司馬の小説は面白い。
読んでいて物語に引きこまれそうになるのは、
他の作品同様です。

司馬の作品は、読んだ後でその登場人物が実在続きを読む