大島戦争」タグアーカイブ

周防大島町 大島神社(八田山招魂場)

八田山招魂場は、長州藩により創建された招魂場。
大島戦争の戦死者18名及び、北越戦争戦死者2名、
大島ゆかりの3名を墓碑が建っています。
その後、東久賀招魂社八田山招魂社大島護国神社
久賀護国神社、そして大島神社と改称。… 続きを読む

周防大島町 覚法寺(大洲鉄然誕生地)

大洲鉄然覚法寺大洲雪道の次男として生まれ、
右田の大田稲香、柳井の月性に学びました。
その後、階位を得る為に西本願寺を訪ねますが、
手数料10両を求めるという古い体質に憤慨し、
で剣術道場を開きます。
どこで習得したかわかりませんが、… 続きを読む

周防大島町 維新百年記念公園

久賀の海岸線沿いに維新百年記念公園があり、
維新関連の石碑が集められています。


維新百年公園」。
文字通り明治維新百年を記念して整備された公園。
久賀村は大島戦争の激戦地で、
幕府軍が上陸して占領、略奪をした他、
幕府海軍の砲撃によって壊滅的な被害を受けました。


精忠不朽之碑」。
最後の長州藩主毛利元徳続きを読む

周防大島町 世良修蔵招魂碑

世良修蔵東北諸藩に不遜な態度を取り、
さらに彼の「奥州皆敵」と書かれた密書が見つかった為、
これに激怒した仙台藩士らに殺害されました。
この事が奥羽越列藩同盟成立に繋がり、
戊辰戦争への引き金となった訳で、
世良は後世で鬼畜のような扱いを受けています。

しかし彼はどちらかといえば学者肌の志士で、
それ以前に粗暴な振る舞いがあった記録は無い。… 続きを読む

周防大島町 大島(屋代島)

山口県南東部に位置する周防大島は、
瀬戸内海の浮かぶ島々の中で3番目に大きく、
※1番は淡路島、2番は小豆島。
島内には約1万7千人が暮らしています。
正式名は屋代島ですがそう呼ぶ人は殆どおらず、
大島」又は「周防大島」と呼ばれ、
自治体名も周防大島町となっています。


周防大島(屋代島)」。
実際に屋代島なんて呼ぶ人はいるのだろうか?… 続きを読む