宰判勘場」タグアーカイブ

山口県山口市 小郡宿跡

小郡宿は古くからの山陽道の宿場町で、
内陸の山口への分岐でもあった為、
交通の要所として長州藩から重視されており、
宰判勘場も置かれていました。


小郡周辺。緑の線が西国街道
北側の青い線は山口道で赤丸周辺が宿場です。
残念ながら宿場跡は開発されて面影は無し。
県庁所在地に… 続きを読む

山口県宇部市 瑞松庵

瑞松庵曹洞宗の名刹。
応永18年(1411)に定庵禅師が船木に庵を開き、
名僧で名高い師の石屋禅師を開山としたのが、
この瑞松庵のはじまりという。
開山の石屋禅師、2世定庵禅師、
4世守邦禅師はいずれも薩摩人続きを読む

山口県宇部市 船木宰判勘場跡/御茶屋跡

長州藩では直轄地を宰判という行政区分に分け、
各地に代官を置いて行政を行わせていました。
宰判には勘場と呼ばれた役所が設けられ、
租税徴収、治安維持、裁判等が行われています。

初期の宰判は厚東郡吉見に置かれましたが、
御茶屋の移設に伴い宰判も船木に移動し、
宰判勘場と御茶屋が併設されました。… 続きを読む

山口県山口市 御茶屋跡/山口宰判勘場跡

藩主の領内巡視などに使用された御茶屋は、
各地の街道沿い温泉地に置かれ、
他藩や幕府使節迎賓にも使用されました。
山口にも当然御茶屋は置かれています。


山口市中川原町周辺(山口御茶屋跡の場所)
御茶屋は亀山の麓の一の坂川続きを読む

山口県山口市 小郡宰判勘場跡/御茶屋跡

長州藩では直轄地を宰判という行政区分に分け、
各地に代官を置いて行政を行わせていました。
宰判には勘場と呼ばれた役所が設けられ、
租税徴収、治安維持、裁判等が行われています。


小郡宰判勘場跡/御茶屋跡」。
小郡宰判勘場には御茶屋が併設され、… 続きを読む