有馬家」タグアーカイブ

福井県坂井市 高岳寺(丸岡藩有馬家墓所)

島原のキリシタン大名有馬晴信は、
関ケ原の戦いでは東軍に属しており、
4万石の所領を安堵されました。

慶長13年(1608)、晴信が貿易していたマカオにて、
家臣がポルトガル軍に殺されるという事件が起こり、
晴信は徳川家康より報復の許可を得て、
長崎でポルトガル船を攻撃して沈没させます。… 続きを読む

福井県坂井市 丸岡城

丸岡城の天守は、全国に12棟ある現存天守ひとつで、
その中でも最も古く、天正4年に築かれたものです。
※天正4年は安土城の築城と同じ年。

丸岡城は柴田勝家の甥柴田勝豊によって築城され、
勝豊が清州会議で勝家の所領となった長浜城に移ると、
同じく勝家配下の安井家清続きを読む

福岡県久留米市 久留米城跡

久留米城は、久留米藩21万石(外様)の藩庁。

元々は毛利元就の九男小早川秀包の居城でしたが、
関が原の戦い後に改易されています。
その後、小早川姓を捨てて毛利秀包と改名。
※小早川秀秋がその名を汚した為。
長州藩を頼りましたが翌年に病死しています。
※盟友立花宗茂との争いで負傷した傷が元とも。

その後、筑後一国が… 続きを読む