磐城戦争」タグアーカイブ

岐阜県岐阜市 磐城平藩飛地切通陣屋跡

磐城平藩安藤家飛地として美濃に1万8000石を領し、
これを管理する為に切通出張陣屋を設けています。
切通は古来より交通の要路でしたが、
中山道が開通されてからは立場(休憩所)となり、
茶屋菓子屋、… 続きを読む

福島県相馬市 相馬中村城跡①

①/

相馬家平氏一門の名家で、
鎌倉時代より陸奥国に移住し、
約740年の間この地を統治していました。
これは南部家島津家などと同様に最も古く、
世界史的に見ても長期の統治期間だったようです。

戦国時代の当主相馬義胤続きを読む

奈良県大和郡山市 郡山城跡

郡山藩は、柳沢家15万石の近畿の雄藩
戦国時代は筒井順慶の所領であり、
その後は豊臣秀長増田長盛が入り、
関ヶ原の戦い後は、筒井定慶に与えられました。

大坂夏の陣の前哨戦である… 続きを読む

宮崎県宮崎市 佐土原城跡

佐土原藩薩摩藩の支藩として知られますが、
藩主家である佐土原藩島津家は、
薩摩藩島津家一門の垂水島津家の傍流で、
薩摩藩からは一門家傍流という支藩の扱いですが、
正確には幕府から直接領地を与えられた独立藩でした。

これは少々ややこしい話になりますが、
関ヶ原島津の退き口続きを読む