赤間関街道」タグアーカイブ

山口県美祢市 河原宿跡

河原宿赤間関街道中道筋肥中街道が重なり、
双方の宿場を兼ねていました。


美祢市伊佐町河原周辺。緑の線が街道筋で、
赤丸で囲んだ辺りが宿場のあった場所。


河原宿跡」。
明治3年と昭和38年に大火があり、
多くの家屋が焼失したとの事ですが、
古い家屋は残っている感じで、
昭和38年以降とは思えない家屋もあり、
全てが焼失した訳ではない模様。


「… 続きを読む

山口県萩市 三見宿跡

三見宿赤間関街道北道筋北浦道筋の宿場。
より出て最初の宿場にあたり、
47軒の家屋が軒を連ねていました。


萩市三見周辺。緑の線が街道筋。
赤丸で囲んだ辺りが三見宿。


三見宿跡」。
山々に囲まれた田舎故に風情が残る街並み。
古い家屋も状態良く残っており、
手付かずで宿場町が保存されています。


馬の顔のオブジェ。
なんだか晒し首にも見える・・。

三見宿は萩より最初の宿場であった為か、… 続きを読む

山口県長門市 豊原市跡

豊原市三隅川下流域に位置し、
赤間関街道沿いにありましたが、
宿駅の機能はなく物資の集散地として賑わい、
川船の港として商家が建ち並んでいました。


御国廻御行程記 三隅」。


長門市三隅下周辺。緑の線が街道筋。
赤丸辺りが豊原市のあった場所。


豊原市跡」。
僅か250m程度?の短い道ですが、
ある程度は古い家屋も残っており、
商家を改造したカフェもあります。… 続きを読む

山口県長門市 日置新市宿跡

日置新市古市に代わって設置された市宿で、
椎の木峠から河原までを直線で結ぶ為、
新たに設置されたものでした。


日置中新市周辺。緑の線が街道筋。
赤丸で囲んだ辺りが宿場のあった辺り。


新市西側の街並み。
旧家がある程度残っています。


市の中央付近にあるガマの生い茂る
ガマは生薬続きを読む

山口県長門市 日置古市宿跡


古市は文字通り古い市という意味で、
江戸時代初期に市が開かれていたもので、
別の場所に移された為に新しい方を新市
今までの場所が古市と呼ばれてました。
本来ならばそのまま新市が栄えて、
古市は廃れていくものですが、
この日置古市は黄波戸浦津黄浦に通じ、
古くから交通の要であった為か廃れず、
後に新市から古市に本宿が戻されています。
※本宿=正規ルートの宿場の意。続きを読む