赤間関街道」タグアーカイブ

下関市豊田町 西市宿跡

西市(西ノ市)は赤間関街道北道筋の宿場で、
室町時代より市場が興った場所でした。
木屋川上流よりの産物が集められて、
月に6度も市が開かれたようで、
江戸時代後期には日本海響灘瀬戸内から、
海魚が運ばれて魚市場も発達して、… 続きを読む

山口県山口市 小郡宰判勘場跡/御茶屋跡

長州藩では直轄地を宰判という行政区分に分け、
各地に代官を置いて行政を行わせていました。
宰判には勘場と呼ばれた役所が設けられ、
租税徴収、治安維持、裁判等が行われています。


小郡宰判勘場跡/御茶屋跡」。
小郡宰判勘場には御茶屋が併設され、… 続きを読む

下関市吉田 吉田宰判勘場跡/御茶屋跡

長州藩では直轄地を宰判という行政区分に分け、
各地に代官を置いて行政を行わせていました。
宰判には勘場と呼ばれた役所が設けられ、
租税徴収、治安維持、裁判等が行われています。
吉田山陽道赤間関街道が交差する要所で、
藩直轄地の最西に位置していた為、
吉田宰判勘場が設置され、… 続きを読む

山口県美祢市 四郎ヶ原宿

下関を結ぶ赤間関街道
北浦道筋北道筋中道筋の3ルートがあり、
中でも最も距離が短いのが中道筋です。


赤間関街道と四郎ヶ原の場所

その中間地点が四郎ヶ原
なんらかのいわくがありそうな名称ですが、… 続きを読む

山口県長門市 俵山温泉

赤間関街道は長州藩の本拠地であると、
経済的重要拠点である赤間関を結ぶ街道で、
幾多の藩士や他藩の志士達が通った道でした。

街道は北道筋中道筋の2ルートで、
萩と赤間関を結んでおり、
三隅、湯本、俵山、田部を通る「北道筋」、
絵堂、秋吉、美祢を通る「中道筋」があります。
北浦道筋という海岸線を通る道もありますが、
 遠回りですので途中に用が無い場合は、
続きを読む