長崎県長崎市 皓臺寺/楠本イネ 二宮敬作墓所

晧臺寺寺町通りにある曹洞宗のお寺で、
長崎三大寺に指定される大寺院。


皓臺寺」。
訪問時は開創400年記念事業として、
諸堂の再建工事が行われており、
残念ながら見学エリアは限られていました。
長崎最古という仁王門も見えません。
寺については完成時に再訪して、
再度記事にしたと思います。

皓臺寺墓地には町年寄唐通事の墓所、
在任中に死去した長崎奉行4名の墓など、
多くの墓が風頭山の山麓に立ち並びますが、
今回は楠本イネ二宮敬作の墓所を訪問。
長崎には何度も来る予定がありますので、
墓地もゆっくりと巡ろうと思っています。

幣振坂」。
皓台寺と大音寺の間にある山頂へ続く坂道。
諏訪神社大鳥居の石材を切り出す際、
石が大き過ぎて人々が思いあぐねていると、
宰領が石の上に乗り御幣を振って励まし、
どうにか石を麓へ下ろす事が出来たという。
これが坂名の由来となっているようです。
ヘイフリは屁ふりに繋がる為、
※九州の方言:屁こき屁ひりの意。
誰かが屁をしたと思っている人も多いとか。


シーボルトゆかりの人たちの顕彰碑」。
しばらく登った左側に設置された顕彰碑。
文字どおりシーボルトの顕彰ではなく、
シーボルトの愛人楠本瀧とその子楠本イネ、
門弟二宮敬作らを称えたもの。

更に上へ登る。

楠本家墓所」。
楠本家は銀座町の商家であったようですが、
瀧の父楠本左平の頃に没落したという。


法巖了性信士
 法室貞性信女
 榮材昌華信女
 釋 是念信士
 白巖妙瀧信女 各霊
(中央)」。
楠本家の合葬墓。
白巖妙瀧信女が瀧の法名のようで、
釋 是念信士は瀧の再婚相手俵屋時治郎
他は瀧の父母、姉と思われます。
左平は手広く商売を手掛けたようですが、
次第にうまくいかなくなって、
長女ツネや四女の瀧を売るに至ったという。
瀧は15歳で丸山引田屋の遊女其扇となり、
やがて出島に出入りするようになって、
シーボルトに見初められました。
2人の間にイネが生まれる事になりますが、
後にシーボルトは国外追放となっており、
瀧は後に俵屋時治郎の許に嫁ぎ、
明治2年に死去しています。


楠本家之墓」。
イネが眠る楠本家の合葬墓。
イネは父と同じく医者の道を志し、
シーボルト門下の二宮敬作に養育された後、
同じく門下の石井宗謙産科を学びました。
しかし宗謙に暴行されて娘を生む事となり、
宗謙を激しく嫌ったという。
その後村田蔵六(大村益次郎)に蘭語を学び、
ポンぺボードウィンに産科、病理を学び、
後に来日した異母弟の支援で産科を開業。
宮内省御用掛にもなっていますが、
医術開業試験で女性の受験資格が無い為、
長崎に戻って医院を開いています。
その後は娘夫婦と同居する為に再び上京し、
余生を過ごして77歳で死去しました。
大村が刺客に襲われて瀕死となった際、
イネは娘タカと看護をしていたようですが、
病状は好転せずに壊死した左足を切断。
それでも時既に遅く大村は死去しています。
イネと大村の恋愛が語られたりしてますが、
これは司馬遼花神の影響によるもので、
そのような事実の痕跡はありません。


青雲院徳光如山居士
 空洋院節心守貞大姉
(左)」、
二宮敬作先生之墓(右)」。
二宮敬作と妻イワの墓。
二宮は蘭医を志して長崎へ留学し、
通詞吉雄権之助や蘭学者美馬順三に師事。
シーボルトの鳴滝塾に入門していますが、
シーボルト事件に連座して入獄しました。
出獄後は故郷の卯之町で開業しており、
イネも卯之町で医学を学んでいます。
後に長崎に戻って開業しますが、
文久2年に死去してしまい、
イネによって皓臺寺墓地に葬られており。
後に楠本家墓所に移されました。
再来日したシーボルトと再会した際、
立派に産医となっていたイネを見て、
二宮の義侠に感涙したという。

■関連記事■
長崎県長崎市 鳴滝塾跡
 シーボルトか主宰した鳴滝塾跡。
愛媛県西予市 卯之町①/
 二宮敬作関連史跡と墓所。
大阪府大阪市 龍海寺/緒方洪庵墓所
 大村の切断した左足が埋葬されています。
山口県山口市 大村益次郎墓所(再訪)
 大村益次郎の墓所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です