大分県」カテゴリーアーカイブ

大分県竹田市 岡城跡①

①/

岡城岡藩の藩庁。
山城ながら実面積100万㎡という大規模な城で、
諸藩が山城を放棄して藩庁を建設する中、
江戸時代を通じて藩庁の機能を保った珍しい城でした。

本来の山城は要塞であり、敵の侵攻を妨害できると共に、… 続きを読む

大分県竹田市 謎の岡藩城下町

大分県竹田市に日帰り旅行。
下関から車で4時間位掛かりますので、
8時に出発して昼頃に到着します。

お目当ては大分諸藩の藩庁で、唯一行っていない岡城跡。
滝廉太郎が「荒城の月」をイメージした城とされ、
キングオブ山城」とも称される大規模の山城です。
・・が、その岡城の記事は次回にまわし、
今回はその城下町の記事。… 続きを読む

大分県日田市 咸宜園跡

日田の私塾咸宜園は、日本最大規模の私塾として、
全国より入門者が殺到し、
最盛期には約5000人もの門下が学びました。

咸宜園の著名な門下生としては、
幕政を批判し蛮社の獄で弾圧された蘭学者高野長英
シーボルトに師事し後に岩国藩の藩医となった岡研介
日本陸軍の基礎を築いた大村益次郎続きを読む

大分県日田市 廣瀬淡窓墓所

廣瀬淡窓の墓所は、
日田市中城町にある長生園にあります。


長生園」。
生家の博多屋と咸宜園の中間のこの場所を、
淡窓は生前より自らの墓所として定めていました。
長生園とは、淡窓の弟広瀬三右衛門の別邸の名前で、
別邸を引き払って墓所と定められた後も、
同様に長生園と呼ばれています。


廣瀬家墓所」。… 続きを読む

大分県日田市 廣瀬淡窓関連史跡

日田の城下町である豆田町で、
廣瀬淡窓関連の史跡を巡ります。


豆田町の街並み」。
御用商が軒を連ねていた城下町は、
現在も当時の建物が状態よく保存されており、
観光名所として雑貨屋になっていたり、
蕎麦屋になっていたりと、
訪れる人達を楽しませてくれています。


廣瀬資料館(廣瀬淡窓旧宅)」。
廣瀬家や淡窓ゆかりの品々や書物を展示する資料館で、
江戸時代は御用商… 続きを読む