戦史・旅日記など」カテゴリーアーカイブ

高杉晋作の東帆禄④

///④

つづき。

5月4日。
朝早く出航。多度津港を去り一里行って潮を待つ。
潮が来たので碇を挙げたが風は無い。
ようやく讃州の大槌島に到着し碇泊する。
この日は曇天で小雨。

5月5日から7日。
播州小豆島沖で漂泊。3日間風は無く船は潮流に従う。
順潮ならば船は進み、逆潮ならば船は後退。
晴天。碇を下ろしたりあるいは帆を上げたり、… 続きを読む

高杉晋作の東帆禄③

//③/

つづき。

4月26日
淹留。小舟で上関に至る。上関は室津と相対し、
その関所はひとつだけ。
漁婦の歌「室津上関棹而通(室津上関竿さして通る)」は
まさにこの景観。
人家は数百、停泊する船の帆柱は絶えず、
馬関から… 続きを読む

高杉晋作の東帆禄②

/②//

つづき。

4月16日から19日。
故有って船は停泊。上陸して伊藤静斎を訪ねる。
伊藤静斎は元長州藩出身で、南部の賊民蜂起の際、
18歳の静斎は県令某の為に賊民数十人を切り倒し、
その後に伊藤家の養子となった人物。
伊藤家は馬関の有力者であり豪商で役人でもある。
静斎もこれを務めていたが、讒言でこれを辞め、
今は幽居清貧して詩文を楽しんでいる。
しかし国事については忘れず、
慷慨は凛々として常に時勢を論じている。… 続きを読む

高杉晋作の東帆禄①

①///

高杉晋作は航海術を学ぶ為に軍艦教授所に入所。
丙辰丸に乗ってから江戸まで航海しますが、
江戸に到着後に、修練を投げ出してこれを辞退。
余程辛い目にあったのか?
実際に航海日記である「東帆禄続きを読む