山口県長門市 大寧寺墓地/阿川毛利家墓所

毛利家一門の阿川毛利家は、
吉川元春の二男繁沢元氏の系譜。
始め仁保隆在の養嫡子となって跡を継ぎ、
仁保元棟を名乗っていましたが、
仁保の名跡を娘婿の神田元忠に譲り、
自らは繁沢元氏と名乗りました。
関ケ原の戦い後に毛利家が減封されると、
玖珂郡に3千石を与えられて移り、
大坂冬の陣では指月城留守居役を務めます。
毛利姓に復した嫡男毛利元景に家督を譲り、
玖珂郡内で隠居して死去した元氏は、
通化寺に葬られていますが、
跡を継いで阿川に移った2代元景は、
大寧寺に葬られたとされており、
以後は5代まで大寧寺に葬られました。

大寧寺墓所には長州藩重臣の墓が並び、
現在も大変貴重な史跡となっていますが、
墓地は幾度かの改修や移動が行われ、
天災や風化等で墓石の一部が消失しており、
由緒不明な墓も散見されます。
阿川毛利家当主の墓も現在は特定出来ず、
その全てが存在していません。


桂香院殿璑珠圓大姉 霊(左)」、
毛利就芝の墓跡(右)」。
阿川毛利家5代毛利就芝の墓跡と正室の墓。
唯一場所が特定されてはいますが、
その墓石は既に失われており、
正室の寄組士栗屋就尚の娘桂香院の墓が、
残された唯一の阿川毛利家の墓。

この大寧寺墓地に葬られた阿川家当主は、
2代毛利元景、3代毛利就方
4代毛利就泰、そして5代就芝とのこと。
残念ながらこれらは失われていますが、
6代毛利広規以降の墓所は阿川に移り、
現在も状態良く保存されています。

■関連記事■
山口県長門市 大寧寺
 湯本温泉ある曹洞宗の大寺院。
下関市豊北町 阿川毛利家墓所
 ※6~13、15代の墓所。
下関市豊北町滝部 滝部八幡宮
 阿川毛利家の庇護を受けた八幡宮。
山口県長門市 大寧寺墓地/益田家墓所
 大寧寺墓地にある益田家の墓碑群。
山口県長門市 大寧寺墓地/寄組山内家墓所
 大寧寺墓地にある寄組山内家の墓碑群。
山口県長門市 大寧寺墓地/児玉家墓所
 大寧寺墓地にある寄組児玉家の墓碑群。
山口県長門市 大寧寺墓地/寄組墓碑①
 寄組堅田家、国司家、桂家の墓碑。
山口県長門市 大寧寺墓地/寄組墓碑②
 宍戸家、赤川家、乃美家、榎本家の墓碑。