防府市 三原屋事件史跡③(中根市之丞墓)

//③

念願(?)であった中根市之丞墓に行ってみました。
知らない人の為に説明しますと、
このお墓は満潮時には行けない場所にあります。


防府までわざわざ足を運んで、
墓にたどり着けませんでしたでは時間の無駄なので、
なかなか行こうとは思いませんでしたが、
たまたま引き潮だとわかったので、
行ってみたという次第です。


墓に行くためには、
防府マリーナ」さんの敷地内を通る必要があります。
私有地なので「墓を参りたいので通らせて下さい」と、
事務所に挨拶してOKを頂きました。


船がたくさん置いてある場所を抜け、
大きな堤防を越えると、
巨大なテトラポットの向こうに岩場が。
その先に墓があります。


巨大テトラポットを降りるだけで一苦労。
人の背丈くらいあります・・・。


岩場を進むと見えてきました。
なんでこんなところに建てたんだろ・・・。


中根市之丞墓」。
やっとたどり着きました。
中根は三原屋で従者達が惨殺された際、
たまたまに行っており難を逃れています。
下関では朝陽丸奇兵隊に占拠されており、
それが返還されなければ帰らないつもりでしたが、
身の危険を感じたために背に腹は代えられず、
返還を諦めて別の船で江戸へ帰ろうとします。
しかし、執拗に中根を狙う暗殺者達は、
小舟で中根の乗る船を追いかけて、
中根を惨殺して海に死体を捨ててしまいました。

大正時代に三原屋殉難士の墓と共に、
ここに墓が建てられましたが、
中根の亡骸は海にあるということで、
この場所が選ばれたという事でしょうか?

//③

■関連記事■
襲ったのは外国船だけではなかった(朝陽丸事件)
 奇兵隊は朝陽丸を拿捕し、小倉藩士を惨殺。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。