大島戦争(大島口の戦い)②

続き。
/②/

幕軍の大島攻撃の報告は、山口政事堂へ届けられますが、
周防大島より山口までの連絡は、約1日の期間を要し、
6月7日の攻撃の一報を8日に聞いた藩政府は、
長崎丸」の砲撃を威力偵察と判断して、
動揺せずに待敵の姿勢を崩さないように」と通達。

6月8日の久賀村砲撃の報告は、
2日後の6月10日に山口政事堂に届き、
山田宇右衛門木戸貫冶桂小五郎)らにより、
応戦の方針が決定。

 1.浩武隊及び第二奇兵隊(南奇兵隊)へ大島出動
 2.馬関の高杉晋作へ「丙寅丸」での大島出動

一般的に云われる長州藩の大島放棄は無く、
報告がなされるや応戦を即断しています。
藩の大島放棄の方針を無視して、
晋作が勝手に攻撃したというのも作り話。

6月12日。
大島対岸に集結した浩武隊第二奇兵隊と、
丙寅丸及び大島勢は軍議を開く。
晋作は守備兵が抗戦しないまま退却した事に怒り、
自ら丙寅丸で押し出して、攻撃を仕掛ける事になる。


①13日深夜2時。
「丙寅丸」は久賀沖に停泊中の幕府艦隊に砲撃。
最新鋭の大型艦「富士山丸」は、伊予沖へ出航しており、
停泊していたのは「翔鶴丸」「八雲丸」「旭日丸」。
蒸気機関を止めていた幕府艦は応戦が遅れ、
「丙寅丸」は艦隊に大砲7~8発を撃ち込み、
前島にも砲撃して、その後、安芸灘方向に逃げます。
このまま「丙寅丸」は三田尻へ向かい、14日正午に到着。
夜には下関に向けて出航しています。

奇襲の成功は三田尻より遠崎の長州軍に伝えられたようで、
長州軍は大いに士気が上がったようです。
幕府艦隊の被害は軽微。「旭日丸」が少々被弾した程度。
しかし「丙寅丸」が東へ逃れたために船籍を特定出来ず、
混乱を与えることになりました。


②6月14日10時頃。
奇襲成功が遠崎に伝えられ、占領軍が油断しているとの情報。
長州軍は直ちに軍議を開き、同日18時に大島への進発を決定。
長州軍は遠崎を出発し、15日の早朝に大島へ上陸します。

上陸した各長州軍は、大島の西側より進軍。
本陣は屋代村の西蓮寺とし、
本隊は垢水口より日前村普門寺に向かうと、
幕府軍100余名と遭遇。撃ち合いとなり幕軍は安下荘に敗走。
勝鬨をあげて西蓮寺に引き上げています。

長州軍は久賀に向けて進軍。
国木台庄地などで撃ち合いとなり、
日暮れになって幕軍は退却。長州軍は野営しました。

続く。

/②/

■関連記事■
浜田城自焼後の浜田藩①///
 城を自焼させた浜田藩は、飛地の鶴田へ落ち延びました。
白石正一郎のお伊勢参り①/////////
 一生に一度のお伊勢参り。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。