大阪府松原市 丹南陣屋跡

徳川十六神将の1人高木清秀の三男高木正次が、
大坂定番への就任による加増によって諸侯に列し、
河内国丹南郡に陣屋を築いたのが丹南藩でした。

丹南陣屋跡を訪問しようと、アクセスを調べると、
どうやって行くか悩みます。
というのも近鉄大阪線南海高野線の間にあり、
一番近い近鉄河内松原駅からでも2.3kmもある。
この日は大坂中の史跡を巡って足がパンパンで、
仕方なくタクシーを使用。
渋滞で進まないのに料金が上がるのを見ながら、
ドキドキしながら到着しました。


来迎寺」。
丹南藩主高木家の菩提寺で、陣屋の隣にありました。
初代藩主正次や11代藩主高木正明の墓もあります。


舊丹南藩主高木主水正陣屋址」碑。
来迎寺山門前に置かれた陣屋跡碑。
丹南陣屋は来迎寺の東側にあったようですが、
商業施設や工場、民家となってしまっており、
遺構は全くありません。

譜代大名であった丹南藩は佐幕的立場で、
12代藩主高木正坦大番頭を努めています。
慶応2年、河内国の天領で起こった一揆を鎮圧。
この軍事行動は、困窮していた財政をさらに圧迫し、
ほとんど破産寸前であったとされています。
大政奉還後は静観し鳥羽伏見の戦いの後、
新政府に恭順しました。

ちなみに三笠宮家当主百合子妃は、
丹南藩最後の藩主高木正善の孫。
令和元年現在、95歳という最高齢の皇族で、
唯一の大正生まれ。
親王を3人、内親王を2人も生んで、その上ご長寿。
丈夫な嫁というのは、彼女のような方を指すのでしょうね。

【丹南藩】
藩庁:丹南陣屋
藩主家:三河高木家
分類:1万石、譜代大名(定府)

■関連記事■
大阪府和泉市 伯太陣屋跡
 近隣の伯太藩渡辺家の陣屋跡。
大阪府狭山市 狭山陣屋跡
 近隣の佐山藩北条家の陣屋跡。
大阪府岸和田市 岸和田城
 近隣の岸和田藩岡部家の居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。