中津藩」タグアーカイブ

耶馬渓と青の洞門

中津を流れる山国川の上流の渓谷である耶馬渓は、
日本三大奇勝であり、
日本新三景に選定された名勝です。

凝灰岩や凝灰角礫岩、熔岩の侵食によってできた絶景で、
江戸後期までは山国渓と呼ばれていました。

ここを訪れた頼山陽続きを読む

大分県中津市 安全寺(増田宋太郎墓所)

中津隊隊長増田宋太郎の墓が安全寺にあります。


中津川東側周辺(安全寺の場所)


安全寺」。
元々は闇無浜神社の宮寺で、
天台宗の涼雲寺という寺院でしたが、
細川家時代に曹洞宗に改められてました。

山門前に五輪墓が並んでおりますが、
誰の墓なのかよくわかりません。 … 続きを読む

大分県中津市 中津城

中津城は、黒田如水が築城し、細川忠興が完成させた城。
その後、忠興は藩庁を小倉城に移し、
中津城は小倉藩の支城となっています。
細川家が熊本に転封されると、中津には小笠原家が入り、
再び中津城は藩庁となりました。
5代藩主小笠原長邕が嫡子なく死去して無嫡断絶となると、
代わって奥平家が入り、9代続いて廃藩置県を迎えました。… 続きを読む