久松松平家」タグアーカイブ

三重県桑名市 圓妙寺(桑名藩主松平定良墓所)

松平定良淀藩当時の松平定綱の次男で、
定綱が大垣藩、そして桑名藩に移った後、
死去した事に伴い桑名藩藩主となります。
聡明であったとされ信望も厚かったようですが、
体が弱くて病気がちだった為、
度々有馬温泉に療養に出かけていたという。
そして湯治からの帰路の… 続きを読む

三重県桑名市 照源寺(久松松平家墓所)

徳川家康の異父弟桑名藩初代松平定勝の死後、
2代将軍徳川秀忠の命によって、
定勝の次男松平定行崇源寺を建立し、
※寺名の由来は定勝の法号崇源院殿による。
定勝の遺骸を埋葬して菩提寺とします。
後に定行は4万石加増で伊予松山藩続きを読む

愛媛県今治市 今治藩久松松平家墓所

今治藩久松松平家松平定房の系譜で、
松平定勝の五男であった定房は、
伊勢国長島に7000石を領していましたが、
兄で定勝流宗家の松平定行伊予松山藩に転封された際、
同時に今治藩3万石に加増転封となり、
以降、廃藩置県まで今治を治めました。

定房は隠居後は今治で過ごしていましたが、
延宝4年(1676)に死去し、… 続きを読む

愛媛県今治市 今治城

今治城藤堂高虎によって築城された平城で、
海水を利用した三重の堀を持っており、
海城」にも分類されています。
現在は内堀を残して埋め立てられていますが、
堀を覗くと海に生息するサヨリ等が泳いでおり、
現在も海水が流れ込んでいる事がわかります。


今治城跡」碑。
現在は本丸が吹揚公園として整備されており、
模擬天守続きを読む

愛媛県松山市 伊予松山城③

つづき。
//③

別料金を支払って本壇へ。
コロナ対策の為に体温測定と手の消毒、
連絡先の記入をしなければなりません。
二之丸史跡庭園ロープウェイ乗場も同様で、
松山城で3回も同じ事をしました。
めんどくさいけど対策は多い方が良いでしょう。

一ノ門続きを読む