御許山騒動」タグアーカイブ

大分県日田市 日田代官所跡

九州の幕府天領16万2000石は、
西国筋郡代によって治められていました。
幕府の直轄地にはそれぞれ代官が置かれたのですが、
中でも関東美濃飛騨西国筋の大規模直轄地には、
代官より身分や格式の高い「郡代」が置かれています。

郡代は文字通り「郡レベル石高を支配する代官続きを読む

大分県宇佐市 四日市陣屋跡

豊前四日市は中津藩小笠原家8万石の所領でしたが、
3代藩主小笠原長胤の悪政をみかねた幕府は、
長胤を改易して、本家小倉藩小笠原家預かりに処します。
しかし「祖先の勤労」に免じて断絶は免れ、
長胤の弟小笠原長円に半知4万石で家督相続させました。

没収された4万石は天領となり、
代官所が置かれて陣屋が築かれています。
これが豊前四日市代官所で、後に天草代官支配を経て、
西国筋郡代の支配となりました。… 続きを読む

大分県宇佐市 佐田秀の歌碑と墓所

代官所を襲って討幕の挙兵をしながらも、
味方に討たれた悲劇の志士佐田秀(ひずる)。
その佐田秀の歌碑と墓所が、
宇佐市安心院町内川野及び古川にあります。


安心院町県道716号線周辺
(a佐田秀歌碑,b佐田秀墓所)

まずは歌碑から。

佐田秀歌碑」。
佐田秀は、志士でありながら歌人としても優れ、… 続きを読む