支城」タグアーカイブ

富山県高岡市 高岡城跡

加賀藩は藩庁の金沢城の他に、
支城の小松城を持つ事を許されていましたが、
それとは別に廃城となった筈の高岡城が、
密かに維持されていたようです。


外濠」。
現在の高岡城跡は高岡古城公園として整備され、
建物は残されていませんが、
堀や土塀などが状態良く残っています。

大手門跡続きを読む

福井県越前市 越前府中城跡

御附家老将軍家一族大名となる際、
将軍家の譜代家臣より付けられる家老で、
藩主の教育、藩の運営、幕府との調整を行い、
藩政を担う重要なポジションなのですが、
家老となる事で直参から陪臣へと家格が下がる為、
実に割を食う役割といえます。

このような役割を担う為には… 続きを読む

宮城県大崎市 岩出山要害跡

仙台藩一国一城令の例外として、
藩庁の青葉城(仙台城)の他に白石城を持ち、
さらには21の要害と呼ばれる城がありました。

一国一城令ってのは結構で、
令制国なのか大名領国なのかも曖昧。
例外に1,2の… 続きを読む

秋田県横手市 横手城跡

久保田藩は出羽半国とはいえ広大な面積を持ち、
また常陸一国から出羽半国に減転封させた手前、
幕府久保田城の他に横手城大館城の維持を許し、
久保田藩は3つの城を持つ事になりました。

横手城一国一城令を免れた久保田藩の支城で、
久保田藩家老家戸村家が代々城代続きを読む