日出藩」タグアーカイブ

大分県宇佐市 佐田賀来家関連史跡

佐田賀来家は、佐田村の大庄屋。
一族から反射炉を製作した賀来惟熊
本草学者賀来飛霞などを排出しました。

宇佐市安心院町佐田で、佐田賀来家関連を巡ります。

宇佐市安心院町佐田周辺
(a賀来家屋敷跡,b佐田神社,c賀来家墓所)

まずは大庄屋賀来家屋敷跡へ。

賀来家屋敷跡(石垣)」。… 続きを読む

大分県日出町 松屋寺(日出藩主木下家墓所)

日出藩主木下家の菩提寺は「康徳山松屋寺」。


松屋寺山門」。
元々は西明寺という天台宗の寺院だった寺を、
初代藩主木下延俊が禅宗に改め、
祖母朝日の方の法名ちなんで「康徳山松屋寺」と改めます。
※朝日の方の法名は、康徳寺殿続きを読む

大分県日出町 日出城跡

日出藩は、豊臣秀吉の義兄木下家定の三男木下延俊が、
関ヶ原の戦いで終始東軍として活躍し、
その功績により3万石を与えられて立藩した藩。

2代藩主木下俊治が弟延由に5000石を分与した後、
江戸時代を通じて2万5000石で、
日出周辺を支配しました。

藩祖木下延俊は、正室加賀の方続きを読む