清末藩」タグアーカイブ

下関市清末 高林寺(清末藩毛利家墓所)【再訪】

清末藩毛利家の菩提寺高林寺に再訪。


山門」。
天和2年(1682)の創建当時のまま残る山門
安政2年に火災が起こっており、
本堂など他の建造物は焼失しています。
5年前は娘と訪問しましたが、
今回は息子と2人でやってきました。


本堂左側より毛利家墓所へ。


清末毛利家墓所」。… 続きを読む

山口県山口市 亀山公園【再訪】

山口市の亀山公園には、
長州藩主毛利敬親の銅像があります。


毛利敬親公之像」。
以前も訪れたことがあるのですが(記事はこちら)、
綺麗に整備されたらしいので再訪してみました。
亀山公園は、亀山の山頂を平地にして広場にした公園で、
その広場の中央に毛利敬親の銅像が置かれています。

実はこの公園には、かつて敬親の銅像だけでなく、
長州藩の四支藩藩主の銅像が建てられていたようで、
広場を長州藩領に見立てて、… 続きを読む

下関市清末 清末藩陣屋跡【再訪】

清末に行く事があったので清末藩陣屋跡に再訪。
市内とはいえ行動範囲とは外れていますし、
これといった遺構があるわけでもない。
なかなか訪問する機会も無いのですが、
気が向いたのでちょっと行ってみました。

清末藩は全国唯一の孫藩という立場にある藩。
長州藩の支藩長府藩のさらに支藩で、
長州藩を親とすれば孫のような立場でした。

全国の他の支藩が分家を作り、
1万石以上を与えた例はありましたが、
幕府に認められたのは清末藩だけ。
※幕府続きを読む

下関市清末千房 清末陣屋長屋門

維新後に藩邸を処分する際、
民間に建物や門を払い下げるといった事がよくあります。
やはり殿様の邸宅なんで、造りが良いのでしょうか?
それとも藩邸という付加価値でしょうかね?

清末藩でも建物が払い下げられ、民家に移築されてます。
現在も残っているそんな中の一つに行ってきました。


清末陣屋長屋門」。
現在民家の門として多少改修されていますが、
本体はそのまま残されています。
場所は清末千房1丁目の旧山陽道沿い。


鬼瓦には清末毛利家の一文字三星が施されています。
この門は、清末陣屋の裏門だったらしい。… 続きを読む

下関市清末 高林寺(清末藩毛利家墓所)

高林寺は清末毛利家の菩提寺で、
代々藩主やその一族、重臣達の墓があります。


高林寺山門」。
本堂などは安政2年に焼失してしまいましたが、
山門は天和2年(1682)当時のままという。


毛利元純公愛馬岩越の塚」。
山門前にある愛馬の塚。


本堂は新しく綺麗でした。


本堂の後ろには「清末毛利家墓所」があります。
1代から7代まで整然と並んでいました。
(2代は長府藩主となったので無い)。
あれ?8代藩主元純の墓が無い・・・。
どうも違う場所にあるようです。… 続きを読む