禁門の変」タグアーカイブ

山口県宇部市 広矛神社

国司家の菩提寺天龍寺のすぐ横の神社。


広矛神社」。
元々は若一王子神社と称し、
鎌倉時代建立のようですが詳細は不明。
大己貴神事代主命武御名方命が祭神。
代々万倉領主の庇護を受け、
社殿も数度の修造をされており、
棟札も残されているようです。… 続きを読む

山口県宇部市 天龍寺(寄組士国司家墓所)

宇部市万倉にある天龍寺に、
三家老のひとり国司親相の墓所があります。


天龍寺本堂」。
天龍寺は万倉領主国司家の菩提寺。
本堂は最近の建物のようです。


国司家墓所」。
7、10、12~21代当主の墓所。
7代国司元相は130余の首級を挙げとされ、
足利将軍にも認められた槍の名手ですが、… 続きを読む

山口県宇部市 万倉護国神社

禁門の変の責で自刃した三家老の一人国司親相
彼を祀る万倉護国神社に行ってきました。


万倉護国神社」。
禁門の変の責で自刃した万倉領主国司親相と、
その家臣26名を祀る峠山招魂場が、
奥万倉土井に建立されていましたが、
それとは別に昭和17年に万倉村民により、… 続きを読む

長門市 竹内正兵衛墓所

竹内正兵衛は、禁門の変で斬首となった四参謀のひとり。

文政6年に大組士八谷正左衛門通聰の5男として生まれます。
母のヒデは村田清風の妹。
従って竹内正兵衛は村田清風の甥という事になります。
大組士竹内正太郎勝友の養子となり家督を継ぎ、
村田清風の次女のコマを妻としました。

数字に明るかったようで、藩の財務関係の要職に就く一方、… 続きを読む

萩市須佐 益田家墓所

益田家は長州藩の永代家老家で、
長州の北東端にある須佐を所領としていました。
益田家は鎌倉時代より島根県益田市一円を本拠としていますが、
主家の減封によって代々受け継いできた所領を手放します。

益田の隣である須佐が所領とされたのは偶然?
それとも、いつの日にか本拠を取り戻そうとしていたのか?
とにかく益田家は、江戸時代を通じて須佐の領主でした。

益田家が転封する以前は、一寒村であった須佐でしたが、
益田家20代当主… 続きを読む