第二奇兵隊」タグアーカイブ

周防大島町 世良修蔵招魂碑

世良修蔵東北諸藩に不遜な態度を取り、
奥州皆敵」と記された密書を書いた為、
これに激怒した仙台藩士らに殺害されました。
この事が奥羽越列藩同盟成立に繋がり、
戊辰戦争への引き金となった訳で、
世良は後世で鬼畜のような扱いを受けています。… 続きを読む

山口県柳井市 妙円寺(月性関連史跡)

幕末期に「げっしょう」の名を持つ勤皇僧が、
二人いました。
一人は清水寺成就院の住職で、
西郷隆盛と入水自殺した尊皇攘夷派の僧月照
もう一人が海防僧と呼ばれた熱血漢月性でした。

月性は妙円寺続きを読む

岡山県総社市 浅尾陣屋跡

豊臣秀吉の旗本であった蒔田広定は、
父の蒔田広光が死去すると、
その跡を継いで1万石の大名となりましたが、
関ヶ原の戦い西軍に属したために改易。
後に、舅であった大島光義や、
親交のあった浅野行長らの尽力で許されて、
備中浅尾に転封となり、… 続きを読む

大島戦争(大島口の戦い)③

続き。
//③

6月16日。夜明け頃。
野営していた浦滋之助配下の秋良政一郎は、
久賀沖に停泊しているはずの幕府艦隊が、
いつの間にかいなくなっているのを発見。
秋良はこれを攻勢の好機と見て、
本陣の西蓮寺続きを読む

大島戦争(大島口の戦い)②

続き。
/②/

大島攻撃の報告は山口政事堂へ届けられますが、
周防大島より山口までは約1日の期間を要し、
6月7日の長崎丸の攻撃の一報は、
山口政事堂に翌8日にもたらされました。
これを聞いた山口政事堂の藩政府は、
長崎丸の砲撃を威力偵察と判断して、
動揺せずに待敵の姿勢を崩さないように
と大島に通達。

6月8日の… 続きを読む