長門市」カテゴリーアーカイブ

山口県長門市 泊台場跡

油谷湾を囲むような向津具半島の先端油谷島に、
異国船打払の為の台場跡が残されています。


向津具半島周辺(泊台場跡の場所)
向津具は「むかつく」と読みます。
もちろん別にムカついているわけではなく、
向津国(むかつくに)」と呼ばれていたのが、
年月が経つうちに変化したもので、
油谷湾の南側から見て、
向こうの津にある国続きを読む

長門市青海島 通浦(古式捕鯨の町と台場跡)

青海島東部にある通浦古式捕鯨で栄えた町。
中世より行われていた通浦の捕鯨は、
長州藩の保護と奨励によって盛んに行われ、
四大古式捕鯨基地に数えられています。


長門市青海島周辺(通浦の場所)

幕末期には、外国船来襲に備えた台場が造られ、
北浦巡視吉田松陰もこの地を訪れました。
(記事は… 続きを読む

山口県長門市 俵山温泉

赤間関街道は長州藩の本拠地であると、
経済的重要拠点である赤間関を結ぶ街道で、
幾多の藩士や他藩の志士達が通った道でした。

街道は北道筋中道筋の2ルートで、
萩と赤間関を結んでおり、
三隅、湯本、俵山、田部を通る「北道筋」、
絵堂、秋吉、美祢を通る「中道筋」があります。
北浦道筋という海岸線を通る道もありますが、
 遠回りですので途中に用が無い場合は、
続きを読む

長門市油谷 二尊院

の9代皇帝玄宗開元の治と呼ばれる善政で、
輝かしい繁栄の時代を作り出しましたが、
息子の妃を見初めてこれを奪ったことから、
国を傾けることになってしまいます。

その妃というのが楊貴妃で、
中国四大美人世界三大美人に数えられる女性。
玄宗は楊貴妃を寵愛しすぎて政治を疎かにし、
楊貴妃の親族を高い役職に就けました。
また楊貴妃の従兄… 続きを読む

山口県長門市 先大津宰判勘場跡

長州藩では直轄地を宰判という行政区分に分け、
代官を置いて地方行政にあたらせていました。
宰判には勘場と呼ばれた役所が設けられ、
租税徴収、治安維持、裁判等が行われています。


長門市立菱海中学校」。
先大津宰判勘場があった場所は、
現在は長門市立菱海中学校になっています。


先大津宰判勘場跡続きを読む