幕末維新関連の書籍」カテゴリーアーカイブ

「榎本武揚」安部公房

安部公房の「榎本武揚」。
以前から気になっていたので、
長期出張前に図書館で借りて読みました。

 北海道旅行に行った「」は、
 旅館の主人から消えた囚人300名の伝説を聞く。
 護送中に脱走して厚岸で共和国を創ろうとしたという。
 その囚人らに関わった榎本武揚続きを読む

「マイ・ディア・シンサク」今江祥智


高杉晋作を題材とした小説は数ありますが、
これは少々変わったものです。

臨終前の大人の晋作が、
若き日の子供の晋作と出会うという不思議なお話。
何度も出会って子供の晋作に影響を及ぼします

謎の金髪女性が案内役として登場しますが、
その正体は自分的には残念でしたね。

とはいえ、たまにはこういう変わりダネもアリでしょう。

■関連記事■
「少年行」南条範夫
 晋作のBL小説??。
・… 続きを読む

「明治維新の「嘘」を見破るブックガイド」田中聡

明治維新を否定的に検証する本が、
最近は沢山出ておりますが、
それのブックガイドってんだから、
どんなものだろうと読んでみました。

まず「否定的」「肯定的」というのが、
とてもナンセンスな考え方で、
歴史を二元的にとらえる考え方自体おかしい。
物事には良い部分悪い部分続きを読む

「神剣 人斬り彦斎」葉室麟

久々に幕末モノの小説を読んだ。
神剣 人斬り彦斎」は河上彦斎を主人公にした小説で、
作者は直木賞作家葉室麟
すでに故人のようで僕は初めて彼の作品を読みました。
50歳から創作活動をスタートしたらしく、
66歳で死去するまでの16年弱の間に、
60作以上の作品を書いています。

河上彦斎は人斬りです。
とりあえず佐久間象山以外は記録に残っていませんが、
逸話の多さや当時の評価から象山だけとは思えませんので、
たぶん何人も斬っているのでしょう。… 続きを読む

「幕末まらそん侍」土橋章宏

超高速!参勤交代」の作者土橋章宏の小説。
こういうライトな小説は、
出張の移動中の電車で読むのに最適です。

幕末まらそん侍」は、安政遠足を題材にしたもので、
その遠足を舞台に内で、ドタバタ劇繰り広げられます。

コミカルな作品なので内容を言うのも難ですが、
正反対の性格の2人が競い合う話、
どさくさに紛れて脱藩を企てる男の話、
隠密として活動してきた男の話、
足に自信があるが身分の低い男の葛藤の話、… 続きを読む