【review】」カテゴリーアーカイブ

2021年の大河は渋沢栄一ですが・・

今更ですが、再来年の大河について。
タイトルは「晴天を衝け」。
渋沢栄一が主人公だという。

面白くなさそう・・と思う(普通に)。
渋沢という人物が悪いという訳ではありませんが、
実際に彼の人生をドラマ化するにあたり、
どのように面白くするのか全く見えない。

渋沢の功績ってのは素晴らしいと思いますが、
ドラマなんでね。盛り上がりとか必要だと思うし、
それらの羅列なら「歴史秘話ヒストリア」で十分かと。

制作統括の菓子浩チーフプロデューサーは「今、少子化、高齢化、格差の問題とかいろんな不安がある中で閉塞感を感じている方もいると思う。そんな時代だからこそ、幕末から明治にかけて、大きな時代が終わって新しい時代が始まる、大きな時代のうねりを描きたいと思って、その時代にした」と説明。さらに、大森氏も「得意とされている時代」だとしたうえで、「バッと時代が動く変革の時期を描きたいと。他の時代も考えたが、早い段階で幕末にしぼっていました」とした。

大きな時代のうねり
「… 続きを読む

RYOMA~空白の三か月~

台風が続いて子供達が外に出られないのか可哀想で、
アニメでも借りてあげようとゲオに久々に行きました。

みよちゃんここたまシンデレラ
ゆきちゃんカーズ2を選びましたが、
ふとRYOMA・・という文字が目に入ったので、
そこまで内容を確認せずについでに借りてみました。

なになに「RYOMA~空白の三か月~」。… 続きを読む

「マイ・ディア・シンサク」今江祥智


高杉晋作を題材とした小説は数ありますが、
これは少々変わったものです。

臨終前の大人の晋作が、
若き日の子供の晋作と出会うという不思議なお話。
何度も出会って子供の晋作に影響を及ぼします

謎の金髪女性が案内役として登場しますが、
その正体は自分的には残念でしたね。

とはいえ、たまにはこういう変わりダネもアリでしょう。

■関連記事■
「少年行」南条範夫
 晋作のBL小説??。
・… 続きを読む

「明治維新の「嘘」を見破るブックガイド」田中聡

明治維新を否定的に検証する本が沢山出ておりますが、
それのブックガイドってんだから、
どんなものだろうと読んでみました。

まずもって「否定的」とか「肯定的」ってのがナンセンスで、
歴史をそんな二元的にとらえるような考え方自体おかしい。
物事には良い部分悪い部分もあるし、
歴史上の人物も良い部分も悪い部分もある。… 続きを読む