宮崎県」カテゴリーアーカイブ

宮崎県延岡市 延岡城跡

延岡城高橋元種によって築城された平山城。
元種は関ヶ原の戦いの前哨戦で西軍として大垣城に篭城。
水野勝成に内応した兄秋月種長に従って降伏し、
所領を安堵されています。

延岡城ははじめ縣城と呼ばれ、
縣藩5万石の藩庁となっていましたが、
千姫事件の煽りを受けて元種は改易となり、
幕府領を経て… 続きを読む

宮崎県日向市 富高代官所跡

九州の幕府天領の多くは、
西国筋郡代によって支配されていましたが、
その広大な支配地域を管轄する為には、
出張代官所を設ける必要がありました。

豊前国に四日市代官所、天草に天草代官所が置かれ、
日向国には富高代官所が設けられています。


日向市役所」。
この付近に… 続きを読む

宮崎県宮崎市 高月院(佐土原藩島津家墓所)

高月院佐土原藩島津家の菩提寺。
薩摩藩では浄土宗浄土真宗が禁止されていましたが、
この高月院は浄土宗のお寺です。

初代藩主島津以久は、晩年に京都大雲院の門に入り、
浄土宗の門徒となっていましたし、
佐土原は古来から日向伊東家の領地であった場所で、… 続きを読む

宮崎県宮崎市 佐土原城跡

佐土原藩薩摩藩の支藩として知られますが、
藩主家である佐土原藩島津家は、
薩摩藩島津家一門の垂水島津家の傍流で、
薩摩藩からは一門家傍流という支藩の扱いですが、
正確には幕府から直接領地を与えられた独立藩でした。

これは少々ややこしい話になりますが、
関ヶ原島津の退き口続きを読む

宮崎県日南市 五百祀神社と招魂社

廃仏毀釈という仏教を廃する運動は、
明治政府が推進したものではありませんが、
全国的にこの運動によって破壊された寺院は数多い。
僕の地元下関でも、安徳天皇の墳墓のある阿弥陀寺が廃され、
赤間神宮となっています。

実際に腐敗していた寺院もあれば、
民衆から慕われた寺院が、破壊された例もあるでしょう。
日本人の中にたまにいる「お祭り騒ぎでやり過ぎる人達」や、
神仏分離令続きを読む